• TSRデータインサイト

価格転嫁と賃上げの相関、中小企業ほど鮮明に

 東京商工リサーチ(TSR)が昨年12月に実施したアンケートを分析したところ、「価格転嫁率」と「賃上げ率」には相関関係があることがわかった。
さらに、企業規模まで分析を広げると、両者の相関には違いがあることも明らかになった。


 「価格転嫁率」と「賃上げ率」の相関を規模別でみると、中小企業(資本金1億円未満、個人企業を含む)は、相関係数0.87と強い正の相関を示した。これに対し、大企業(資本金1億円以上)は-0.49と負の相関を示した。これは、中小企業では価格転嫁が進むほど賃上げ率も上昇するが、大企業では価格転嫁が進んでも賃上げ率の上昇にはつながらず、むしろ価格転嫁が進んだ大企業は賃上げ率が低いことを表している。
特に、価格転嫁率が他の産業に比べて高い卸売業(大企業の平均価格転嫁率4.6割=100円のコスト上昇に対し、46円転嫁)と製造業(同3.4割=同34円転嫁)で、大企業の平均賃上げ率は卸売業1.7%(中小企業2.7%)、製造業1.8%(同2.5%)にとどまる。

価格転嫁率と賃上げ率


 給与水準がもともと高い大企業では、中小企業に比べて賃上げ率は低くなる傾向がある。また、本分析に用いた賃上げ率は、2022年度の実績値を聞いたもので、今年の春闘では大きく変わる可能性もある。
ただ、サプライチェーンの上流に位置することが多い大企業は、価格上昇に応じて従業員への還元や下請け企業(協力会社)への支払額の適正化などを進めることも必要だろう。
コロナ禍からの回復や原材料高の影響は、業種や企業によりまちまちだ。こうした状況下でインフレ率を上回る賃上げを実現するには、売上見通しや財務内容、収益力など、様々な数値の分析と経営判断が必要で、多くの企業が高いハードルをどう乗り越えるか注目される。

  • 本分析は、TSRが2022年12月1日~8日に実施した企業アンケートから、「価格転嫁率」と、「2022年度に実施した賃上げの割合(=賃上げ率)」に回答した2,359社のデータを基に分析した。

価格転嫁率と賃上げ率



(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2023年2月10日号掲載「WeeklyTopics」を再編集)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年1-6月「負債1,000万円未満」倒産 261件 2010年以降で3番目の高水準「破産」が約98%

2024年上半期(1‐6月)の全国企業倒産(負債1,000万円以上)は4,931件で、年間1万件を超えるペースで増勢をたどっている。また、負債1,000万円未満の小規模倒産も261件(前年同期比6.9%増)で、2010年以降では3番目の高水準となった。

2

  • TSRデータインサイト

2024年上半期「バー」「キャバクラ」等の倒産47件 過去10年で最多、コロナ禍と物価高で変わる夜の街

コロナ禍が落ち着き、街にはインバウンド需要で外国人観光客が増え、人出が戻ってきた。だが、通い慣れたお店のドアは馴染み客には重いようだ。2024年上半期(1-6月)の「バー,キャバレー,ナイトクラブ」の倒産は、過去10年間で最多の47件(前年同期比161.1%増)に急増した。

3

  • TSRデータインサイト

上半期の「飲食業倒産」、過去最多の493件 淘汰が加速し、「バー・キャバレー」「すし店」は2倍に

飲食業の倒産が増勢を強めている。2024年上半期(1-6月)の飲食業倒産(負債1,000万円以上)は493件(前年同期比16.2%増、前年同期424件)で、2年連続で過去最多を更新した。現在のペースで推移すると、年間では初めて1,000件超えとなる可能性も出てきた。

4

  • TSRデータインサイト

2023年の「個人情報漏えい・紛失事故」が年間最多 件数175件、流出・紛失情報も最多の4,090万人分

2023年に上場企業とその子会社が公表した個人情報の漏えい・紛失事故は、175件(前年比6.0%増)だった。漏えいした個人情報は前年(592万7,057人分)の約7倍の4,090万8,718人分(同590.2%増)と大幅に増えた。社数は147社で、前年から3社減少し、過去2番目だった。

5

  • TSRデータインサイト

「想定為替レート」 平均は1ドル=143.5円 3期連続で最安値を更新

株式上場する主要メーカー109社の2024年度決算(2025年3月期)の期首の対ドル想定為替レートは、1ドル=145円が54社(構成比49.5%)と約半数にのぼることがわかった。 平均値は1ドル=143.5円で、前期から14.5円の円安設定だった。期首レートでは2023年3月期決算から3期連続で最安値を更新した。

TOPへ