• TSRデータインサイト

今年上半期の早期・希望退職、半分が”黒字募集” 全体の社数・人数は前年比減 2022年(1-6月)上場企業「早期・希望退職」実施状況

 2022年上半期(1-6月)に早期・希望退職者を募集した上場企業は25社(募集人数4,515人)で、新型コロナ感染が拡大した2020年以降では、社数、募集人数がそれぞれ最少を記録した。
 上半期ベースの早期・希望退職の実施企業は、リーマン・ショック直後の2009年に146社を記録した。その後、減少をたどり、2015年は19社と20社を下回り、2018年は3社にとどまった。しかし、コロナ禍での外出自粛に伴う消費低迷や遠出需要の落ち込みなどで、アパレル、旅行、小売、交通インフラの業績を直撃し、2020年は41社、2021年は56社に急増した。ようやく停滞していた経済活動が動き出した2022年は、コロナ禍の経営への影響も限定的となり、コロナ禍が直撃した業種でも減少に転じた。だが、その一方で新たに円安、資源高、ウクライナ情勢など、経済活動に大きな影響を及ぼす事態が生じ、内需型産業で希望退職を実施するなど予断を許さない状況が続く。

  • 本調査は、希望・早期退職者募集の実施を情報開示し、具体的な内容を確認できた上場企業を対象に抽出した。
     実施が翌年以降の企業は除く。原則、『会社情報に関する適時開示資料』(2022年6月30日公表分まで)に基づく。

上半期早期1


業種別 3業種が同数で最多、業種は分散傾向に

 上半期(1-6月)に早期・希望退職者の募集が判明した上場25社の業種別は、アパレル・繊維製品、電気機器、機械が各3社で最多だった。
 催事の中止や外出自粛等の煽りを直に受けたアパレル・繊維製品は2020年6社(通年18社)、2021年8社(同11社)で、3年連続で業種別の最多となったが、2022年の募集ペースは緩やかに転じた。
 また、外食や航空・鉄道を含む運送、小売などコロナ禍が経営を直撃した業種は、2022年に入り募集した企業はゼロだった。コロナ禍も3年目に入り、こうした業種での募集に一服感が出ている。
 一方、電気機器、機械、医薬品、金属、国内外に拠点を構える製造業で募集が目立つ。今後、長引く資源高や円安加速を背景に、募集が増勢に転じる可能性も出ている。

上半期早期2

損益別 “黒字企業”の募集進む 

 早期・希望退職の募集が判明した25社の直近の通期損益は、約半数の12社(構成比48.0%)が黒字企業だった。富士通や日本ペイントホールディングスなど、国内外に拠点を置く大規模な製造業は、増益にも関わらず募集に踏み切っている。
 一方、赤字企業は13社(同52.0%)で、アパレルや観光、紙・パルプなどコロナ禍が直撃した業種が占めた。コロナ禍で業績悪化に陥った企業だけでなく、黒字企業の募集も目立つ。

上半期早期3

募集人数1,000人以上の大型募集は1社、少人数の募集が集中

 募集人数(募集時点の人数が非開示の場合は応募人数を適用)は、富士通が50歳以上の幹部社員(一般に管理職相当)と定年後再雇用従業員ら3,031人で、人数では最多だった。3,000人以上の募集(応募含む)は2016年の東芝(3,449人)以来、6年ぶり。
 次いで、パチンコ台メーカーの平和が250人で、300人以上1000人未満の募集はゼロだった。
 100人未満の募集が12社(構成比48.0%)とほぼ半数を占め、2022年は少人数の募集に集中した。これは子会社や特定の事業部門に限った募集が散発したほか、従業員数の比較的少ない企業での募集が相次いだためで、事業規模に関係なく早期・希望退職募集の広がりを示している。


 新型コロナが直撃した2020年、2021年の上場企業の早期・希望退職は、年間の実施企業は2年連続で年間80社以上にのぼり、2年間の募集人数は3万4,527人と3万人を超えた。これはリーマン・ショック直後の2009年、2010年の合計3万5,173人に迫る高水準規模だった。
 業種もアパレルや外食、小売、交通インフラ、観光など、コロナ禍が直撃した業種に集中し、2020年以降の決算も多くの企業が赤字に転落した。このため、短期間に人員削減だけでなく、事業拠点の集約や整理など、厳しい選択を迫られた。
 コロナ禍も3年目に入り、コロナ直撃業種の人員見直しは一服している。だが、一方で業績が比較的な堅調な企業による“黒字募集”が目立ち始めた。資源高や円安加速、ウクライナ情勢など、コロナ禍以外の影響も深刻さを増している。事業のコストアップで、企業は一段の経営合理化を求められている。このため、業績が堅調な企業・業種でも人員削減や拠点の見直しなどに着手する可能性もあり、上場企業の人員施策はしばらく不透明な状況が続きそうだ。

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

法人としての「レナウン」が消滅へ

2020年11月27日に東京地裁から破産開始決定を受けた(株)レナウン(TSR企業コード:295833440、江東区)が消滅する。今年8月に最後配当を実施し、年内に破産手続きが終結するため。7月10日には第5回債権者集会を開催していた。法人としての名門レナウンが名実ともに消滅する。

2

  • TSRデータインサイト

2023年の「個人情報漏えい・紛失事故」が年間最多 件数175件、流出・紛失情報も最多の4,090万人分

2023年に上場企業とその子会社が公表した個人情報の漏えい・紛失事故は、175件(前年比6.0%増)だった。漏えいした個人情報は前年(592万7,057人分)の約7倍の4,090万8,718人分(同590.2%増)と大幅に増えた。社数は147社で、前年から3社減少し、過去2番目だった。

3

  • TSRデータインサイト

2024年上半期の「病院・クリニック」倒産は18件 過去20年で3番目、競合やコストアップが経営を圧迫

 2024年上半期(1-6月)の「病院・クリニック」の倒産は18件(前年同期比50.0%増)で、上半期では過去20年で2009年(26件)、2007年(19件)に次ぐ、3番目の高水準だった。

4

  • TSRデータインサイト

都道府県を跨ぐ企業の本社移転は1万3,701社 転入超過トップは千葉県、2位は茨城県

 コロナ禍を抜け、企業の本社および本社機能の移転の動きが活発化している。2023年度に都道府県を跨ぐ本社・本社機能の移転が判明した企業は1万3,701社(前年度比3.3%増)で、前年度から増加した。

5

  • TSRデータインサイト

上半期の「飲食業倒産」、過去最多の493件 淘汰が加速し、「バー・キャバレー」「すし店」は2倍に

飲食業の倒産が増勢を強めている。2024年上半期(1-6月)の飲食業倒産(負債1,000万円以上)は493件(前年同期比16.2%増、前年同期424件)で、2年連続で過去最多を更新した。現在のペースで推移すると、年間では初めて1,000件超えとなる可能性も出てきた。

TOPへ