ホーム > 初めての方へ TSR活用ガイド > 知ってて得するリスクマネジメントの基本 > 用語辞典 > 解散

知ってて得するリスクマネジメントの基本用語辞典

解散

企業の法人格を消滅させるために必要な清算手続きに移行するための手続き。企業の法人格は解散だけで消滅せず、清算手続きが必要になる。そのために事業を停止し、債権債務などの財産整理を行なう。解散は業績不振による経営破たんや、事業再編の一環で親会社が子会社などを解散するケースがある。

解散の特徴

企業は、株主総会の決議、合併(合併により当該企業が消滅会社の場合)、定款で定めた解散事由の発生、破産手続開始の決定などが生じた場合において解散しなければならないという特徴がある。

TSRの視点

企業が解散する場合、破綻などにより企業の存在が一切なくなるケースと合併(被合併企業)などにより、存在自体は一応は引き継がれるケースがある。また、解散をする際には、基本的に解散登記と同時に清算人(会社解散の際、主体となって会社法人格消滅の手続きを行う役割)の就任登記も行い、解散をした場合には、解散登記、清算結了を行わなければならない。一般的には破綻などにより解散するケースが多くなっており、破綻⇒解散となる前の与信管理が重要となってくるといえる。

関連用語
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業調査レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ