ホーム > 初めての方へ TSR活用ガイド > 知ってて得するリスクマネジメントの基本 > 用語辞典 > 不動産登記

知ってて得するリスクマネジメントの基本用語辞典

不動産登記

不動産(土地及び建物)の所在、面積などと権利関係(所有者の住所・氏名)を記載している。土地と建物にそれぞれ独立した登記簿が存在している(マンション等の区分所有例外あり)。不動産登記は、民法・不動産登記法及びその他政令等によって規律される。不動産登記事務は登記所(法務局)において登記官が行う(不動産登記法6条、9条)。工場財団が設定されている場合、別途その登記簿も確認する必要がある。

不動産登記の特徴

不動産登記の基礎となる不動産登記簿についてはそれぞれ土地登記簿と建物登記簿に分かれており、ともに所在、地番、家屋番号などが記載されている表題部、所有権に関する甲区、所有権以外の抵当権などが記載されている乙区に区分されている。

TSRの視点

与信管理の基本として、対象企業の保有資産を調べることは非常に重要となってくる。特に注目したいのは会社所在地の不動産及び代表者自宅所在地不動産の2つである。所有(甲区)という観点からは、会社若しくは代表者所有、第三者所有(賃貸物件)かのいずれかで裏付資産として資金面に余裕があるか否かの判断材料となる。また、抵当権及び根抵当権の設定状況(乙区)についても担保余力という観点から、これからの資金調達能力についての判断材料となってくる。実際に調べてみると、差押さえ処分や所有権が債権回収会社に移っている場合もあり、金額の大きい重要な取引であればあるほど確認したい項目である。

関連用語
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業調査レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ