• プレスリリース

効率的なサプライヤーリスク管理を支援する「D&B Risk Analytics - サプライヤー・インテリジェンス」のご提供を開始!

このたび、株式会社東京商工リサーチ(以下「TSR」)は、国内・海外におけるサプライヤーのリスク管理を支援するオンラインプラットフォーム「D&B Risk Analytics - サプライヤー・インテリジェンス」をリリースしました。企業データの取得、サプライヤー全体や個社ごとの管理やリスク分析、変動情報の監視、コンプライアンスチェックまで、サプライヤー管理に必要なあらゆる情報をご提供いたします。

「D&B Risk Analytics - サプライヤー・インテリジェンス」とは?

サプライチェーンの安定確保に向けたサプライヤーのリスク管理は、特に海外で多くのサプライヤーを抱えている場合、煩雑で膨大な工数が発生します。
また、近年ではAML/CFT(マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策)などのコンプライアンスチェックや、ESG(Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治))など、非財務面における管理の必要性も高まってきており、業務負担はさらに増大している傾向にあります。
「D&B Risk Analytics - サプライヤー・インテリジェンス」は、世界最大級の企業情報プロバイダーであるDun & Bradstreet(D&B)が収集したあらゆる情報ソースに基づいて算出した統一基準でのリスク指標と、サプライヤーのリスク把握に特化した様々な機能により、重点的に注意すべきサプライヤーを可視化し効率的な管理を実現します。

カバーする2つのリスク

  1. 与信管理 ― サプライヤーの事業継続性を判断 ―

    支払振り、財務状態、資本系列など

  2. 非財務リスク ― 自社へ間接的に影響を及ぼすリスクを把握 ―

    AML/CFT、制裁リスト、ネガティブ情報、裁判情報、ESG など

導入によりもたらされる効果

  • 正確な企業情報に基づいたサプライヤーの選定
  • サプライヤー評価の効率化
  • 包括的なサプライヤーの資本系列情報の戦略的調達への活用
  • 各種コンプライアンス規制に対応するスクリーニング
  • モニタリング機能による、効率的なリスク分析の実施
  • 高リスクサプライヤーとリスク要因の容易な特定

主な機能

【サプライヤー全体分析】

  • ダッシュボード:登録したサプライヤーに関するサマリー情報をグラフや図を用いて表示
  • 企業リスト:登録企業の基本情報や支払振りなど様々な項目を表形式で一覧表示

【個社詳細分析】

  • 個社企業情報:当該企業の基本情報、系列企業などサプライヤー管理に欠かせない情報を網羅。他にも裁判情報、実質的支配者、スクリーニング結果といったコンプライアンスチェック関連の情報も取得が可能
  • 各種リスク関連指標:サプライヤーの事業継続性に特化した2種類の指標の他、企業の総合評価、支払振り、倒産など、様々な角度から企業を評価した指標を表示
  • スクリーニング:世界最大級の取材網を持つメディア企業ダウ・ジョーンズ社が保有する様々な情報ソースを元にしたスクリーニング(オプションサービス)の実施
  • ESGランキング:ESGの観点でサプライヤーを評価した指標(オプションサービス)による評価

【管理機能】

  • モニタリング・アラート:モニタリング登録した企業は常に最新の情報に更新。指標の悪化など、重要な変動をメールで通知するアラート機能も搭載
  • スナップショット・出力:特定の条件に合致するサプライヤー群をリスト化し保存、csv出力が可
  • 言語設定:各種メニューや検索画面などのインターフェイスは多言語対応

画面イメージ

全体像

ご利用料金

取得される情報数により料金が変わります。詳しくはお問い合わせください。

「グローバルサプライヤーオンライン管理サービス(D&B Risk Analytics - サプライヤー・インテリジェンス)」の詳細はこちら

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年1-5月「税金(社会保険料含む)滞納」倒産81件 前年同期の約3倍に急増、年間では過去最多ペース

税金や社会保険料の滞納が、事業継続の支障になりつつある。 「税金(社会保険料含む)滞納」を一因とする倒産は、新型コロナが5類に移行した2023年は10月から毎月10件以上発生したが、2024年は5月までに合計81件と前年同期の2.8倍に急増。2015年以降の10年間の1-5月累計では最多を記録した。

2

  • TSRデータインサイト

新型コロナ破たん 5月は274件が判明(5月31日現在)

5月は「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が274件(前年同月比6.6%増)判明した。3月の月間件数は2023年3月の328件に次ぐ過去2番目の高水準だったが、4月は一転して減少。5月は再び増加へ転じた。

3

  • TSRデータインサイト

2024年1‐5月の「介護事業者」の倒産 72件に急増 上半期の過去最高を上回る、深刻な人手不足と物価高

2024年に入り、介護事業者の倒産が急増している。介護職員の人手不足と物価高に伴う運営コストの増加が主な要因だ。2024年1-5月の「介護事業者(老人福祉・介護事業)」の倒産は、累計72件(前年同期比75.6%増)に達した。すでに年上半期(1-6月)の過去最多だった2020年の58件を上回った。

4

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「道路貨物運送業」倒産 大幅増の46件 コストアップと「2024年問題」が直撃、4月以降は前年比2倍超

厳しい経営環境に置かれる道路貨物運送業の倒産が急増している。2024年5月の「道路貨物運送業」の倒産は46件(前年同月比119.0%増)で、5月としては2005年以降の20年間で最多を更新した。

5

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「物価高」倒産 87件に急増 コロナ禍以降の物価高騰で月間最多を更新

物価上昇スピードに追いつかない価格転嫁、人件費や借入返済などのキャッシュアウトでコストアップに耐え切れない倒産が右肩上がりで増加している。「物価高」に起因する倒産は87件(前年同月比47.4%増)と、コロナ禍以降で最多を更新した。一方、負債総額は194億4,100万円(同90.0%減)。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ