ホーム > 企業倒産関連記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > タストン・リサイクル(株)

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2022/01/25(火)

破産開始決定

負債総額51億1786万円

東京 建材、砂利販売 タストン・リサイクル(株)

~「馬毛島」を保有していた立石建設グループの一社~

タストン・リサイクル葛西工場

 タストン・リサイクル(株)(TSR企業コード:290620694、法人番号:6010901007236、世田谷区経堂4-17-20、設立1968(昭和43)年12月、資本金7000万円、立石巌社長)は1月24日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には髙木裕康弁護士(東京丸の内法律事務所、千代田区丸の内3-3-1、電話03-3213-1081)が選任された。
 負債総額は51億1786万円(2021年8月期決算時点)。

 建設事業を展開する立石建設(株)(TSR企業コード:290199727、法人番号:7010901007235、同所)の建材部が独立するかたちで設立され、砂利、石、砕石の採取販売を手掛けていた。
 立石建設グループは、立石建設を中心として当社やタストン・エアポート(株)(TSR企業コード:942045602、法人番号:6010901027936、世田谷区)などで形成される。タストン・エアポートは、在日米軍施設候補地となった鹿児島県西之表市の「馬毛島」を所有し、開発を手掛けていたことでも知られている。
 当社は京浜島工場(大田区)や葛西工場(江戸川区)などの生産拠点を有し、グループ向けに建材や砂利を供給し、2021年8月期は売上高8億4803万円をあげていた。
 しかし、従来より工場への設備投資に対する資金負担のほか、グループ会社からの借入金などで過剰債務に陥っていたうえ、近年は赤字を散発し業績が低迷していた。
 一方で、2018年にはタストン・エアポートが債権者から破産を申し立てられる事態が発生。その後、申し立ては取り下げられたものの、一連の騒動で信用がさらに低下していた。
 2019年末にはタストン・エアポートが保有する「馬毛島」を在日米軍施設候補地として160億円で防衛省へ売却。このうち、半額程度は同社へ入金されたものの、立石建設側の親族間のトラブルもあり残額が未入金の状態が続き、動向が注目されていた。こうしたなか、当社は債権者より破産を申し立てられ、今回の措置となった。

全国最新トピックス

05月23日号
日本アゼル(株) 【宮城】 土木・建築工事、とび・土木工事
05月20日号
ドミノ 【愛媛】 建築工事
05月19日号
(株)丸協 【宮城】 乾物・漬物等食料品卸
05月18日号
オンキヨーホームエンターテイメント(株) 【大阪】 音響機器製造販売ほか
05月17日号
神例造船(株) 【徳島】 造船業、橋梁、鋼構造物工事

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ