ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)F-Power

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2021/03/24(水)

会社更生法申請

負債総額約243億円

東京 電力小売 (株)F-Power

~今冬の価格高騰では初~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)F-Power(TSR企業コード:297969072、法人番号:2010701022133、港区芝浦3-1-21、設立2009(平成21)年4月、資本金5000万円、代表取締役:沖隆氏ほか)は3月24日、東京地裁に会社更生法を申請し同日、保全管理命令を受けた。保全管理人には富永浩明弁護士(富永浩明法律事務所、中央区銀座7-12-14)が選任された。
 なお、コールセンター(電話03-5544-8671、受付時間:午前9時~午後5時30分)が設置されている。

 負債総額は債権者315名に対して約464億円。なお、会社更生法の申請は、1月の大興製紙(株)(TSR企業コード:440024757、法人番号:5080101008905、富士市)に続き今年2件目となる。

 全国規模の独立系電気小売事業者(新電力)で、一般顧客や法人向けにサービスを展開していた。関係会社の発電所経由で電力を調達するほか、一般社団法人日本卸電力取引所(JEPX)などからスポットで購入して対応。顧客数の増加に伴い、設立以降、増収傾向で推移し、2016年4月の電力小売自由化も追い風に、電力販売量は2018年4月に新電力では1位となり、2019年6月期には売上高約1606億1300万円をあげていた。
 しかし、競合激化や調達価格の高騰など収益性の悪化から同期は約184億6200万円の赤字を計上し、債務超過に転落。2020年には、収益性の回復に努め黒字化したものの、供給電力量は減少し売上高は約727億円まで低迷していた。

 こうしたなか、今冬に入り電力卸売市場価格がさらに高騰したことで負担が拡大、資金繰りに行き詰まり会社更生法を申請した。  会社によると電力供給については「支障はない」としている。現在、複数のスポンサー候補者が支援について検討しており、今後、スポンサーの下で再建を目指す意向。

全国最新トピックス

09月27日号
MiddleField(株) 【東京】 自動車用品通販サイト運営ほか
09月24日号
常総コンクリート(株) 【千葉】 生コンクリート製造ほか
09月21日号
シーズ(株) 【愛知】 システム開発
09月21日号
(株)エム・アール・シー 【東京】 水道施設工事ほか
09月15日号
(株)プリントン 【東京】 オフセット印刷ほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ