ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)ラビアンローゼほか1社

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2020/04/21(火)

民事再生法申請

負債総額約33億円

静岡 貸衣装ほか (株)ラビアンローゼほか1社

~「新型コロナウイルス」関連倒産~

ラビアンローゼの本社

 (株)ラビアンローゼ(TSR企業コード:450074269、法人番号:6080401005799、浜松市中区佐鳴台6-10-13、設立1981(昭和56)年12月)と、関連の(株)ウインクル(TSR企業コード:450090876、法人番号:3080401011008、同所、設立1987(昭和62)年7月)は4月21日、静岡地裁浜松支部へ民事再生法の適用を申請した。申請代理人は宗像雄弁護士(関谷・宗像法律事務所、東京都港区新橋2-16-1、電話03-3508-1900)ほか。
 負債総額はラビアンローゼが約24億円、ウインクルが約9億円、2社合計で約33億円。

 ラビアンローゼは、婚礼や成人式、七五三用の貸衣装を主体に事業を展開。静岡県内のほか、東京都渋谷区や名古屋市中区、ハワイにも店舗を構え、2019年6月期は売上高約20億円をあげていた。
 ウインクルは、浜松市と愛知県岡崎市で結婚式場の運営や式場紹介、新婚旅行の手配などブライダル関連事業を手掛け、2019年6月期は売上高約19億円をあげていた。
 2社ともに総合ブライダルプロデュースグループとして地元では高い知名度を誇っていた。しかし、過去の新規出店やグループ企業の再編に伴う合併費用などの資金負担が重く、借入に頼った資金繰りが続いていた。また、少子化による結婚数の減少や「ジミ婚」、「ナシ婚」の増加など取り巻く環境は厳しさを増し、2018年6月期以降は2社ともに赤字決算を強いられていた。
 こうしたなか、「新型コロナウイルス」感染拡大に伴い貸衣装や結婚式のキャンセルが多発。資金繰りも限界に達し、支え切れず今回の事態となった。

全国最新トピックス

10月21日号
(有)モリ紙販売 【神奈川】 不動産業
10月19日号
(株)パワーヒロセ 【広島】 紙器製造業
10月16日号
(株)イワヰ 【愛知】 自動車部品プレス加工
10月09日号
日本ビニル工業(株) 【埼玉】 ビニール製品製造
10月06日号
(株)J・プランニング 【宮城】 健康機器・健康食品企画販売

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ