ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (有)トラベルシリウス

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2020/04/02(木)

民事再生法申請

負債総額4億7000万円

岡山 旅館業 (有)トラベルシリウス

~岡山県初の「新型コロナウイルス」関連倒産~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (有)トラベルシリウス(TSR企業コード:710186410、法人番号:3260002033952、真庭市湯原温泉387-1、設立1989(平成1)年9月、資本金1000万円、池田博昭社長)は4月1日、岡山地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は小寺立名弁護士(おかやま丸の内法律事務所、岡山市北区表町1-5-1、電話086-238-2525)ほか1名。
 負債総額は約4億7000万円(2019年8月期決算時点)。
 岡山県内で「新型コロナウイルス」の影響による倒産は初めて。

 1978年4月に創業。宿泊施設「湯原国際観光ホテル菊之湯」、「ゆばらの宿米屋」などを経営するほか、倉吉市から委託を受けた「グリーンスコーレせきがね」などを運営していた。また、国内旅行代理店、貸し切りバス事業、飲食店も併営。2013年には(株)シリウスリレーションズ(TSR企業コード:712228551、法人番号:8260001026218、真庭市)を設立し、温浴施設の運営も手掛けていた。この間、ホテル施設を買収するなど、積極的に事業を拡大した。
 宿泊施設や温浴事業の再生コンサルティングも手掛け、当地での注目は高かったが、相次ぐホテル施設の買収などで借入金は膨らみ、資金面は不安定に推移。2018年9月にはシリウスリレーションズが破産を申請し、当社の経営も悪化していた。
 2020年に入ってからは支払遅延が発生していたほか、2020年3月には倉吉市より委託を受けていた「グリーンスコーレせきがね」の運営業務を停止して多額の違約金が発生。「ホテル蒜山ヒルズ」からの経営撤退も決定し、新型コロナウイルスによる売上減少もあり、民事再生による再建を選択した。
 今後は「湯原国際観光ホテル菊之湯」、「ゆばらの宿米屋」の経営に専念して再建を図る方針。

全国最新トピックス

10月21日号
(有)モリ紙販売 【神奈川】 不動産業
10月19日号
(株)パワーヒロセ 【広島】 紙器製造業
10月16日号
(株)イワヰ 【愛知】 自動車部品プレス加工
10月09日号
日本ビニル工業(株) 【埼玉】 ビニール製品製造
10月06日号
(株)J・プランニング 【宮城】 健康機器・健康食品企画販売

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ