ホーム > 初めての方へ TSR活用ガイド > 知ってて得するリスクマネジメントの基本 > 用語辞典 > 清算型倒産

知ってて得するリスクマネジメントの基本 用語辞典

清算型倒産

破産、特別清算手続による倒産。まれに会社更生法、民事再生法による場合でも清算型をとる場合がある。

清算型倒産の特徴

企業が倒産状況に追い込まれた場合、債権者の権利(債務額の減免など)を変更した上で弁済を図っていく再建型手続きに比べ、清算型手続きの場合、破産、特別清算の2種類があり、会社は営業活動を停止し、その有する全ての財産を換価するなどして債務の弁済に充当するという特徴がある。特に最も多いのが破産手続きである。

TSRの視点

倒産によって被害を受ける債権者にとっては、全額債権を回収できることがベストであるが清算型の場合、回収額は債権額全体の5%未満となってしまうことが多い。そこで、回収までの時間が多少かかったとしても再建した企業がうまくいった場合を想定した場合、再建型倒産の方が債権額回収に上積みを図れる可能性がある。いずれにしても倒産に至る以前の与信管理をきっちり行った上で、不良債権の発生を抑止することが重要となってくる。

関連用語
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業調査レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ