ホーム > 初めての方へ TSR活用ガイド > 知ってて得するリスクマネジメントの基本 > 用語辞典 > 私的整理

知ってて得するリスクマネジメントの基本 用語辞典

私的整理

法的手続きによらず、債務者と債権者との自主的な調整により倒産すること。

私的整理の特徴

一般的に法的整理(法的手続きを経ての整理)に比べ私的整理の方が債権者にとって回収額が高くなることが多く、私的整理を経てから法的整理に移行するケースも多いという特徴がある。

TSRの視点

私的整理は債務者と債権者との自主的な調整であることから自由度が高くなっており、ステイクホルダー(利害関係者)の権利を侵害する可能性があり、さらに再建計画に同意しなかった債権者を拘束することができない、株主代表訴訟の可能性などがデメリットとしてあげられる。逆にメリットとしては、債務者と債権者との裁量が大きいことから柔軟かつ迅速な手続きが可能であること、世間に倒産というイメージがつきずらくブランドイメージの傷が浅いことなどがあげられる。債権者にとっては、法的整理によってできるだけ回収額を多くするような交渉術が必要となってくる。

関連用語
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業調査レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ