ホーム > 初めての方へ TSR活用ガイド > 知ってて得するリスクマネジメントの基本 > 用語辞典 > 連鎖倒産

知ってて得するリスクマネジメントの基本用語辞典

連鎖倒産

取引先の倒産で不良債権が発生した企業が、その影響で倒産すること。親会社に子会社が連鎖する場合や、大企業の倒産で下請けや取引先が全国規模で連鎖倒産したケースもある。

連鎖倒産の特徴

近年においては大手企業の破綻が目立っているが、その中核となる企業が破綻することによってその企業と傾注取引している企業は倒産するケースが多い。これが連鎖倒産であり、一般的に販売先に傾注している場合が多いが、仕入先の傾注でも代替となる企業がみつからない場合は支給がストップすることを意味し、倒産するケースもある。

TSRの視点

与信管理において、その対象となる企業が販売先及び仕入先について傾注取引をしている場合には、その傾注している企業についての相関的な与信管理も必要となってくる。特に近年では取引のメッシュ化がスタンダードとなっていることもあり、自社の管理についてもいかに販売先、仕入先の取引を多様化していけるかがポイントとなってくる。

このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業調査レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ