ホーム > 初めての方へ TSR活用ガイド > 知ってて得するリスクマネジメントの基本 > 用語辞典 > 内整理

知ってて得するリスクマネジメントの基本用語辞典

内整理

企業が支払不能または債務超過で債務を弁済できない状態に陥った場合、法的手続きをとらずに債権者と話し合い、債務減免などで、内々に整理を行うこと。倒産集計では、負債を抱え事業停止を確認でき、その時点で法的手続きをとってない場合に倒産にカウントする。一方、事業継続を前提とした債務免除、任意整理など再建を目指す場合は倒産にカウントしない。

内整理の特徴

企業が倒産状態に陥った際に、破産・民事再生法・会社更生法などの法的整理手続によらないで、債権者と債務の一部棚上げや返済条件の変更などの話し合いに入っている状態を指し、内整理=倒産とはならない点に注意したい。

TSRの視点

経営が極めて厳しく当面の事業運営が難しくなった際には、倒産を意識せざるを得ないが、その後の事業継続などを想定すると重要となってくるのが債権者に対する債務返済である。債権者にとってはいくら成約をあげようが現金として入金されなければ不良債権となってしまい意味がなくなる。内整理であろうがその他の法的手続きであろうが、結局最初に売掛金として計上された金額から回収額が少なくなる可能性が高くなるため、いかに販売以前の与信管理を徹底するかが重要となる。

関連用語
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業調査レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ