ホーム > 初めての方へ TSR活用ガイド > 知ってて得するリスクマネジメントの基本 > 用語辞典 > 間接法(キャッシュ・フロー計算書)

知ってて得するリスクマネジメントの基本用語辞典

間接法(キャッシュ・フロー計算書)

損益計算書の税引前当期純利益(税金等調整前当期純利益)をスタートに非現金項目や貸借対照表の増減額等を調整する形で加減を行い営業活動によるキャッシュ・フローを表示する方法。キャッシュ・フロー計算書作成においては標準化されており、直接法に対して簡便法といわれている。

間接法(キャッシュ・フロー計算書)の特徴

一番の特徴としては、別名簡便法と呼ばれることからもわかるように作成が簡便である点。具体的には損益計算書上における非資金項目(減価償却費、固定資産売却損益など)及びその他の項目、一定の貸借対照表項目2期分の増減額が判明すれば、営業活動によるキャッシュ・フローが間接的に求められる。

TSRの視点

間接法と直接法は最終的に営業活動によるキャッシュ・フローを求める方法で結果は同じとなってくる。現状では、上場企業において提出が義務化されている有価証券報告書ベースでもこの間接法が採用されており、スタンダードなものとなっている。ただ、作成が簡便ゆえ直接法のように売上収入、仕入支出といった項目が直接把握できないといったデメリットはある。しかし、営業ベースでどれだけのキャッシュを生み出しているかは、企業の規模を問わず重要な指標となってくるため便利な方法といえる。

このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業調査レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ