ホーム > 初めての方へ TSR活用ガイド > 知ってて得するリスクマネジメントの基本 > 用語辞典 > 不渡り

知ってて得するリスクマネジメントの基本用語辞典

不渡り

振出手形を約束の期日に現金化できないこと。取立人(受取人)は予定していた資金が入金されず資金繰りに影響の出る場合もある。

不渡りの特徴

不渡りは銀行が作成する書類に基づき大きく3つに分類される。1つは、形式不備・期日未到来など振出人の信用に関係のない0号不渡り、2つ目は支払資金の不足など振出人の信用に関係する1号不渡り、3つ目は契約不履行・盗難・紛失などに起因する2号不渡りである。通常、不渡りといえば1号不渡りのことを意味し、6ヶ月以内に2度の1号不渡りを出すと銀行取引停止処分を受け、金融機関と当座預金・貸出取引が2年間出来なくなるという特徴がある。

TSRの視点

厳密には特徴にもあるように6ヶ月以内に2度の1号不渡りを出した場合に銀行取引停止処分となり、事実上の倒産となる。よって、1回めの不渡りにおいては金融機関との取引が途絶えるものではない。ただ、1回でも不渡りを出すと全ての金融機関の周知事項でもあることから、その後の資金調達が厳しくなることもあり、企業の信用という点では極めて重要なファクターとなってくる。

このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業調査レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ