• プレスリリース

企業の実質的支配者(UBO)情報に加え「役員情報」を取得できる「コンプライアンス・ステーション® UBO Exec(エグゼック)」を提供開始

株式会社 東京商工リサーチ(以下 TSR)は、2023年3月にリリースした犯罪収益移転防止法(犯収法)*1に準拠した企業の実質的支配者(UBO)情報*2に加えて、当該企業の役員情報をオンラインで瞬時に提供するシステム「コンプライアンス・ステーション®️ UBO Exec(エグゼック)」のサービス提供を開始します。

「コンプライアンス・ステーション®️ UBO Exec(エグゼック)」提供の背景

役員は会社の意思決定に大きな影響を及ぼします。その観点から、顧客企業の反社会的勢力、マネーロンダリング、テロ資金供与、拡散金融などのリスクを評価する際に、実質的支配者情報に加えて役員の情報を確認することは重要です。実際に、米国FinCEN(金融犯罪取締ネットワーク)が2024年1月に開始した「実質的支配者の報告制度」では、上級役員は実質的支配者として報告の対象となっています。
また、実際にお客様からヒアリングを行う中で、反社会的勢力やマネーロンダリングなどの対策のため、企業の役員情報の提供を求められるケースが増えてきました。このような背景から、実質的支配者とともに役員情報を提供するシステムをコンプライアンス・データラボ社(以下、CDL)が開発し、TSRがCDLにデータ提供することになりました。

「コンプライアンス・ステーション®️UBO」全体像

全体像

導入効果

  1. 実質的支配者と併せて役員情報を参照することにより、包括的なリスクを評価できます。
  2. 登記事項証明書を取得するよりも、安価かつ瞬時に役員情報を確認できます。
  3. 複数企業の実質的支配者情報、会社概要、役員情報等を一括してファイルで取得できるため、情報収集やデータ作成のための時間、コストが削減でき、自社システムでの情報活用も容易になります。

提供方式

オンラインシステムにより、オンライン画面上で表形式の表示のほか、CSV、TSV、エクセルファイル形式でダウンロードできます。
各種コンプライアンス・ステーション®️UBOサービスとの組合せで提供が可能です。

  • UBOスタンダード + Exec
    企業概要、UBO情報、役員
  • UBOプラス + Exec
    企業概要、直接及び間接株主、UBO情報、UBOグラフ、役員

価格

提供するデータ数によります。詳細はお見積いたします。

※コンプライアンス・ステーションは、コンプライアンス・データラボ株式会社の登録商標または商標です。

※用語の説明

*1 犯罪収益移転防止法(犯収法)
総務省Webサイトをご参照ください。

犯罪収益移転防止法等の概要について

*2 実質的支配者情報(UBO)
法人の議決権の総数の4分の1を超える議決権を直接又は間接に有していると認められる自然人等。(犯罪による収益の移転防止に関する法律(平成19年法律第22号。「防収法」、第4条第1項第4号及び犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則(平成20年内閣府・総務省・法務省・財務省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省令第1号「犯収法施行規則」第11条第2項参照)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2023年度の運送業倒産345件に急増 人手不足・燃料高で採算悪化

 2023年度の道路貨物運送業の倒産は、件数が345件(前年度比31.1%増、前年度263件)で、3年連続で前年度を上回った。年度で件数が300件台に乗ったのは2014年度以来9年ぶりとなる。

2

  • TSRデータインサイト

【破綻の構図】テックコーポレーションと不自然な割引手形

環境関連機器を開発していた(株)テックコーポレーションが3月18日、広島地裁から破産開始決定を受けた。 直近の決算書(2023年7月期)では負債総額は32億8,741万円だが、破産申立書では約6倍の191億円に膨らむ。 突然の破産の真相を東京商工リサーチが追った。

3

  • TSRデータインサイト

借入金利「引き上げ」、許容度が上昇 日銀のマイナス金利解除で企業意識に変化

3月19日、日本銀行はマイナス金利解除やイールドカーブ・コントロール(長短金利操作)の撤廃を決めた。マイナス0.1%としてきた短期の政策金利を、0~0.1%へ変更し、利上げに踏み切った。 東京商工リサーチは4月1~8日に企業アンケートを実施し、企業の資金調達への影響を探った。

4

  • TSRデータインサイト

2023年度の飲食業倒産、過去最多を更新し930件に 「宅配・持ち帰り」「ラーメン店」「焼肉店」「居酒屋」が苦境

コロナ禍が落ち着き、人流や訪日外国人も戻ってきたが、飲食業はゼロゼロ融資の返済や食材価格・光熱費の上昇、人手不足などが押し寄せ、コロナ禍前より厳しさを増している。

5

  • TSRデータインサイト

「お花見、歓迎会・懇親会」の開催率29.1% 慣習的な開催は限界? 訪日外国人と仲間うちが活況

新型コロナの5類移行からほぼ1年。今年の桜開花には人が押し寄せ、各地でコロナ前の賑やかなお花見が戻ったように見えたが、実際は様子が異なる。 4月上旬に実施した企業向けアンケート調査で、2024年の「お花見、歓迎会・懇親会」の開催率は29.1%で3割に届かなかった。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ