• TSR速報

(株)近澤製紙所

※画像は実際の企業とは関係ありません

※画像は実際の企業とは関係ありません

破産から一転、事業再建を目指して民事再生に

 2023年9月27日に高知地裁より破産開始決定を受け、破産管財人のもと財産処分等の手続きが進められていた(株)近澤製紙所(高知県いの町)は4月8日、高知地裁に民事再生法の適用を申請した。
 申請代理人は加藤明俊弁護士ほか4名(弁護士法人関西法律特許事務所、大阪市中央区北浜2-5-23)。
 債権者への通知文では、当社の個別財産を買い受けるのではなく、事業一体を引き受けたいという複数のスポンサー候補が現れたことで、事業再建を目指すことにしたとしている。
 負債総額は約33億円。

 昭和初期に手漉き和紙製造業者として創業。1959年には機械漉きに移行し、京花紙などの製造を手掛けるようになった。1962年に生理用ナプキン、1975年には他社に先駆けて大人用紙おむつの製造を開始し、1987年にはパンツタイプの大人用紙おむつの製造ラインを設置。老人医療福祉に関する需要の高まりを背景に、新製品の開発と製造ラインの増設を進め、1992年3月期には売上高が20億円を突破した。以降も売上を伸ばし、自社ブランド製品からOEMまで手掛け、2008年3月期には売上高41億6188万円をあげていた。
 しかし、同業他社との競合から、その後の売上は一進一退の推移を余儀なくされ、原材料高もあって採算面は低調に推移していた。こうしたなか、2022年12月には大口取引先との契約が解消となったうえ、原材料高が一層進んだこともあって、2023年3月期は3億6606万円の赤字を計上し、1億9408万円の債務超過に陥った。
 その後も厳しい業況が続き、資金繰りが限界となり、再度の資金ショートを起こし2023年8月、行き詰まりを表面化。同年9月、高知地裁に破産を申請していた。

※(株)近澤製紙所(TSR企業コード:830027858、法人番号:5490001005390、吾川郡いの町4003、設立1953(昭和28)年4月、資本金7000万円)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

「美容室」倒産が急増 1‐4月は最多の46件 人件費や美容資材の価格上昇が経営を直撃

コロナ禍を抜けたが、美容室の倒産が急増している。2024年1-4月「美容室」倒産は、累計46件(前年同期比48.3%増)に達した。同期間の比較では、2015年以降の10年間で、2018年と2019年の32件を抜いて最多を更新した。

2

  • TSRデータインサイト

約束手形の決済期限を60日以内に短縮へ 支払いはマイナス影響 約4割、回収では 5割超がプラス影響

これまで120日だった約束手形の決済期限を、60日に短縮する方向で下請法の指導基準が見直される。約60年続く商慣習の変更は、中小企業の資金繰りに大きな転換を迫る。 4月1~8日に企業アンケートを実施し、手形・電子記録債権(でんさい)のサイト短縮の影響を調査した。

3

  • TSRデータインサイト

「人手不足」企業、69.3%で前年よりも悪化 建設業は8割超が「正社員不足」で対策急務

コロナ禍からの経済活動の再活性化で人手不足が深刻さを増し、「正社員不足」を訴える企業が増加している。特に、2024年問題や少子高齢化による生産年齢人口の減少などが、人手不足に拍車をかけている。

4

  • TSRデータインサイト

コロナ破たん累計が1万件目前 累計9,489件に

4月は「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が244件(前年同月比9.9%減)判明した。3月の月間件数は2023年3月の328件に次ぐ過去2番目の高水準だったが、4月は一転して減少。これまでの累計は9,052件(倒産8,827件、弁護士一任・準備中225件)となった。

5

  • TSRデータインサイト

【破綻の構図】テックコーポレーションと不自然な割引手形

環境関連機器を開発していた(株)テックコーポレーションが3月18日、広島地裁から破産開始決定を受けた。 直近の決算書(2023年7月期)では負債総額は32億8,741万円だが、破産申立書では約6倍の191億円に膨らむ。 突然の破産の真相を東京商工リサーチが追った。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ