全国企業倒産状況

2024年上半期(1-6月)の全国企業倒産4,931件

2024年上半期の倒産 3年連続で増加、「人手不足」関連が2.1倍に増加


 2024年上半期(1-6月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が4,931件(前年同期比21.9%増)、負債総額は7,210億4,200万円(同22.8%減)だった。
 件数は、3年連続で前年同期を上回り、2年連続で4,000件台に乗せた。
 負債総額は、負債1億円以上5億円未満が989件(前年同期824件)、同5億円以上10億円未満が173件(同115件)と、中堅規模での増勢が目立つ。ただ、前年同期は純粋持株会社のユニゾホールディングス(株)(負債1,261億9,800万円、4月)など、同100億円以上が8件発生したが、2024年上半期は4件に半減し、2年連続で前年同期を下回った。
 産業別は、卸売業が626件(前年同期比37.5%増)、運輸業が244件(同29.7%増)と、円安による仕入コストの上昇や燃料高などで増加率が大きい。

 円安に伴う物価高、人件費の上昇などのコストアップが中小企業の収益を苦しめている。政府の資金繰り支援策は、経営改善や事業再生にシフトしており、コロナ禍で過剰債務に陥った企業、業績回復が遅れた企業は自立を迫られている。資金需要が活発になる秋口以降、資金調達が困難な企業を中心に、倒産を押し上げる動きが強まってくるとみられる。

企業倒産上半期推移



・「ゼロゼロ融資」利用後の倒産は327件(前年同期325件)で、前年同期と同水準
・「人手不足」関連倒産は求人難58件(前年同期27件)、人件費高騰47件(同24件)、従業員退職40件(同16件)。「後継者難」倒産は254件(同210件)
・形態別:破産の構成比90.08%で過去最高
・都道府県別件数:前年同期より増加が35都道府県、減少は10県、同数が2県
・負債額別件数:負債1億円未満の構成比74.4%、2年連続で前年同期を上回る
・業種別件数:プラスチック製造業、建築材料,鉱物・金属材料等卸売業などが増加
・中小企業倒産(中小企業基本法に基づく)の構成比は99.97%

◇倒産データ分析:https://www.tsr-net.co.jp/news/data_analysis/index.html

産業別 金融・保険業を除く、9産業で前年同期を上回る

 2024年上半期の産業別件数は、金融・保険業を除く、9産業で前年同期を上回った。
 最多はサービス業他の1,619件(前年同期比19.8%増)で、上半期としては2年連続で前年同期を上回った。上半期倒産に占める構成比は32.8%(前年同期33.4%)だった。
 次いで、建築資材の高騰や人手不足が顕著となっている建設業が947件(前年同期比20.6%増)で、3年連続で前年同期を上回った。また、円安などによる仕入れコスト上昇が続く卸売業が626件(同37.5%増)で、2年連続で前年同期を上回った。
 4月から時間外労働の上限が制限された運輸業は244件(同29.7%増)で、4年連続で前年同期を上回った。
 このほか、農・林・漁・鉱業56件(同30.2%増)と情報通信業189件(同17.3%増)が3年連続、製造業555件(同20.9%増)と小売業536件(同23.5%増)、不動産業143件(同0.7%増)が2年月連続で、それぞれ前年同期を上回った。

2024年上半期(1-6月) 産業別倒産状況

主要産業倒産件数 上半期推移

地区別 倒産件数、2年連続で9地区すべてで前年同期を上回る

 2024年上半期の地区別件数は、2年連続で9地区すべてで前年同期を上回った。2年連続で9地区すべてが前年同期を上回るのは、1991年および1992年同期以来、32年ぶり。
 北海道140件(前年同期比12.9%増)と東北294件(同42.7%増)、九州452件(同31.0%増)が、上半期としてはそれぞれ3年連続で前年同期を上回った。
 このほか、関東1,808件(同21.4%増)と中部553件(同3.1%増)、北陸91件(同19.7%増)、近畿1,264件(同25.0%増)、中国236件(同36.4%増)、四国93件(同13.4%増)が、上半期ではそれぞれ2年連続で前年同期を上回った。

2024年上半期(1-6月) 都道府県別倒産状況


※地区の範囲は以下に定義している。
東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨)
中部(長野、岐阜、静岡、愛知、三重)
北陸(富山、石川、福井)
近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)
中国(広島、岡山、山口、鳥取、島根)
四国(香川、徳島、愛媛、高知)
九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)


上半期の主な倒産

[負債額上位5社]
1.シニアコネクテッドテクノロジーズ(株)/神奈川県/情報処理サービス業/279億円/破産
2.(株)テックコーポレーション/広島県/環境機器開発販売/191億9,400万円/破産
3.WeWork Japan合同会社/東京都/シェアオフィス事業/157億2,100万円/民事再生法
4.(株)ホクシンメディカル/兵庫県/医療機器販売、医療情報システムサービスほか/112億4,300万円/取引停止処分
5.(株)インテックス/静岡県/不動産賃貸・管理/84億4,500万円/特別清算

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

「歯医者さん」の倒産 2024年上半期は15件、前年の2.5倍に急増、過去最多ペースで推移

「コンビニより数が多い」歯科診療所の倒産が急増している。2024年上半期(1-6月)の倒産は15件(前年同期比150.0%増)で、前年の2.5倍に達した。過去20年間で最多だった2018年同期(17件)に次ぐ水準で、現状ペースで推移すると年間の過去最多(2018年、25件)を更新する可能性も出てきた。

2

  • TSRデータインサイト

2024年上半期の「介護事業者」の倒産 最多の81件 訪問介護、デイサービス、有料老人ホームがそろって急増

深刻な人手不足と物価高が介護事業者(老人福祉・介護事業)に、重しとなっている。2024年上半期(1-6月)の「介護事業者」の倒産は81件(前年同期比50.0%増)で、介護保険法が施行された2000年以降、最多件数を更新した。これまでの最多は、コロナ禍の2020年の58件だった。

3

  • TSRデータインサイト

上半期(1‐6月)上場企業の「早期退職」5,364人で年間1万人ペース、黒字企業が約6割

2024年上半期(1-6月)に「早期・希望退職募集」が判明した上場企業は36社(前年同期24社)で、前年同期の1.5倍に達した。対象人員も5,364人(同1,486人)と同3.6倍に大幅に増え、すでに2023年1年間の3,161人を上回り、3年ぶりに年間1万人超が現実味を帯びてきた。

4

  • TSRデータインサイト

2024年上半期の「ゼロゼロ融資」利用後倒産は327件 倒産の増勢を維持、高止まりで推移

2024年上半期(1-6月)のゼロゼロ融資(実質無利子・無担保融資)を利用した企業の倒産は、327件(前年同期比0.6%増)で、前年同期とほぼ横ばいで推移した。ただ、2023年下半期(7-12月)と比べて17件増加しており、増勢ペースが続いている。

5

  • TSRデータインサイト

上半期の「学習塾」の倒産 過去最多の26件 少子化のなか新規参入が相次ぎ、競争が激化

2024年上半期(1-6月)の「学習塾」倒産は26件(前年同期比18.1%増)で、2000年以降の上半期では2012年の23件を超え、過去最多を記録した。 これまで学習塾の倒産は中小企業が中心だったが、大手塾にも広がってきた。

TOPへ