全国企業倒産状況

2023年上半期(1-6月)の全国企業倒産4,042件

上半期の倒産 3年ぶり4,000件台、「物価高」倒産が3.3倍増に急増

 2023年上半期(1-6月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が4,042件(前年同期比32.0%増)、負債総額は9,340億8,000万円(同45.3%減)だった。
 件数は、2年連続で前年同期を上回り、上半期では2020年同期(4,001件)以来、3年ぶりに4,000件台に乗せた。
 負債総額は、前年同期のマレリホールディングス(株)(埼玉、負債1兆1,330億円、民事再生法)の反動減で、2年ぶりに前年同期を下回った。ただ、負債100億円以上が8件(前年同期7件)、1億円以上5億円未満が824件(同608件)、5億円以上10億円未満が115件(同106件)と中堅規模で増勢の兆しが強まった。

企業倒産 上半期推移


・「ゼロ・ゼロ融資」後の倒産は322件(前年同期174件)、「物価高」倒産は300件(同90件)発生
・「後継者難」209件(同225件)、「求人難」27件(同17件)、「人件費高騰」24件(同ゼロ)
・形態別件数:法的倒産の構成比96.0%、7年連続で90%台
・都道府県別件数:前年同期より増加が38都道府県、減少は7県、同数が2県
・負債別件数:負債1億円未満の構成比74.3%、3年ぶりに前年同期を上回る
・業種別件数:飲食業、電気機械器具製造業、印刷・同関連業などが増加

産業別 25年ぶりに10産業すべて前年同期を上回る

 2023年上半期の産業別件数は、1998年同期以来、25年ぶりに10産業すべてで前年同期を上回った。
 最多はサービス業他の1,351件(前年同期比36.0%増)で、上半期としては3年ぶりに前年同期を上回った。上半期倒産に占める構成比は33.4%(前年同期32.4%)だった。
 次いで、歴史的な資材高が続く建設業が785件(前年同期比36.2%増)で2年連続、円安などによる物価高でコスト負担が上昇している製造業が459件(同37.4%増)で3年ぶりに、それぞれ前年同期を上回った。
 このほか、燃料価格の高止まりや人手不足が深刻な運輸業が188件(同25.3%増)で3年連続、情報通信業161件(同38.7%増)が2年連続、不動産業142件(同43.4%増)が2年ぶり、卸売業455件(同13.7%増)と金融・保険業24件(同140.0%増)が3年ぶり、小売業434件(同25.0%増)が5年ぶりに、それぞれ前年同期を上回った。

2023年上半期(1-6月)産業別倒産状況
主要産業倒産件数 上半期推移

地区別 倒産件数、9地区すべてで前年同期を上回る

 2023年上半期の地区別件数は、2000年同期以来、23年ぶりに、9地区すべてで前年同期を上回った。
 北海道124件(前年同期比14.8%増)と東北206件(同20.4%増)、九州345件(同34.2%増)が、上半期としてはそれぞれ2年連続で前年同期を上回った。このほか、関東1,489件(同29.2%増)が6年ぶり、中部536件(同50.5%増)と北陸76件(同18.7%増)、近畿1,011件(同30.7%増)、中国173件(同36.2%増)、四国82件(同57.6%増)が3年ぶりに、それぞれ前年同期を上回った。

2023年上半期(1-6月)都道府県別倒産状況


※地区の範囲は以下に定義している。
東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨)
中部(長野、岐阜、静岡、愛知、三重)
北陸(富山、石川、福井)
近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)
中国(広島、岡山、山口、鳥取、島根)
四国(香川、徳島、愛媛、高知)
九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

上半期の主な倒産

[負債額上位5社]
1.ユニゾホールディングス(株)/東京都/純粋持株会社/1,261億9,800万円/民事再生法
2.FCNT(株)/神奈川県/携帯電話端末販売/872億円/民事再生法
3.ジャパン・イーエム・ソリューションズ(株)/兵庫県/携帯電話端末製造/613億円/民事再生法
4.堀正工業(株)/東京都/ベアリング販売ほか/350億円/取引停止処分
5.(株)JOLED/東京都/有機ELディスプレイパネル製造開発ほか/337億4,100万円/民事再生法

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年度 「賃上げ実施予定率」、過去最高の 85.6% 賃上げ率の最多は 3%で「前年を上回る賃上げ」に届かず

2024年度に賃上げ予定の企業は85.6%で、定期的な調査を開始した2016年度以降の最高を更新した。ただ、規模別の実施率では、大企業(93.1%)と中小企業(84.9%)で8.2ポイントの差がつき、賃上げを捻出する体力や収益力の差で二極化が拡大している。

2

  • TSRデータインサイト

「2024年問題」直前の軽貨物運送業 倒産と休廃業・解散の合計が3年連続で過去最多

ドライバー不足が懸念される「2024年問題」が間近に迫るなか、宅配などを担う「軽貨物運送業(貨物軽自動車運送業)」の2023年の倒産(49件)と休廃業・解散(74件)の合計が過去最多の123件に達したことがわかった。

3

  • TSRデータインサイト

商業登記規則の省令改正問題、与信態度が硬化も 金融・保険業の5割超が「与信管理がしにくくなる」と回答

商業登記簿に代表者の住所が記載されなくなるかもしれない。商業登記規則の省改正令は、6月3日施行の予定で、すでにパブリックコメント受付も終了している。果たして、予定通り実施されるのか。

4

  • TSRデータインサイト

2023年度の「賃上げ」実施、過去最大の84.8% 「賃上げ率」5%超、中小企業が37.0%で大企業を上回る

2023年度の賃上げは、企業の84.8%が実施(予定含む)した。これは官製春闘で賃上げ実施率が8割を超えていたコロナ禍前の水準を超え、2016年度以降の8年間では最大となった。コロナ禍で実質賃金が目減りするなか、物価上昇に見舞われて高まった賃上げ機運が賃上げ実施率を押し上げたようだ。

5

  • TSRデータインサイト

企業の 7割で「原材料価格」、「人件費」などコスト上昇 人件費増加分は「転嫁できていない」がほぼ半数

物価高や円安、エネルギー価格の高止まりなど、アフターコロナ局面でも厳しい経営環境が続いている。今年1月の本業に係るコストが前年1月より「増加した」と回答した企業は、73.6%と7割を超えた。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ