全国企業倒産状況

2023年上半期(1-6月)の全国企業倒産4,042件

上半期の倒産 3年ぶり4,000件台、「物価高」倒産が3.3倍増に急増

 2023年上半期(1-6月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が4,042件(前年同期比32.0%増)、負債総額は9,340億8,000万円(同45.3%減)だった。
 件数は、2年連続で前年同期を上回り、上半期では2020年同期(4,001件)以来、3年ぶりに4,000件台に乗せた。
 負債総額は、前年同期のマレリホールディングス(株)(埼玉、負債1兆1,330億円、民事再生法)の反動減で、2年ぶりに前年同期を下回った。ただ、負債100億円以上が8件(前年同期7件)、1億円以上5億円未満が824件(同608件)、5億円以上10億円未満が115件(同106件)と中堅規模で増勢の兆しが強まった。

企業倒産 上半期推移


・「ゼロ・ゼロ融資」後の倒産は322件(前年同期174件)、「物価高」倒産は300件(同90件)発生
・「後継者難」209件(同225件)、「求人難」27件(同17件)、「人件費高騰」24件(同ゼロ)
・形態別件数:法的倒産の構成比96.0%、7年連続で90%台
・都道府県別件数:前年同期より増加が38都道府県、減少は7県、同数が2県
・負債別件数:負債1億円未満の構成比74.3%、3年ぶりに前年同期を上回る
・業種別件数:飲食業、電気機械器具製造業、印刷・同関連業などが増加

産業別 25年ぶりに10産業すべて前年同期を上回る

 2023年上半期の産業別件数は、1998年同期以来、25年ぶりに10産業すべてで前年同期を上回った。
 最多はサービス業他の1,351件(前年同期比36.0%増)で、上半期としては3年ぶりに前年同期を上回った。上半期倒産に占める構成比は33.4%(前年同期32.4%)だった。
 次いで、歴史的な資材高が続く建設業が785件(前年同期比36.2%増)で2年連続、円安などによる物価高でコスト負担が上昇している製造業が459件(同37.4%増)で3年ぶりに、それぞれ前年同期を上回った。
 このほか、燃料価格の高止まりや人手不足が深刻な運輸業が188件(同25.3%増)で3年連続、情報通信業161件(同38.7%増)が2年連続、不動産業142件(同43.4%増)が2年ぶり、卸売業455件(同13.7%増)と金融・保険業24件(同140.0%増)が3年ぶり、小売業434件(同25.0%増)が5年ぶりに、それぞれ前年同期を上回った。

2023年上半期(1-6月)産業別倒産状況
主要産業倒産件数 上半期推移

地区別 倒産件数、9地区すべてで前年同期を上回る

 2023年上半期の地区別件数は、2000年同期以来、23年ぶりに、9地区すべてで前年同期を上回った。
 北海道124件(前年同期比14.8%増)と東北206件(同20.4%増)、九州345件(同34.2%増)が、上半期としてはそれぞれ2年連続で前年同期を上回った。このほか、関東1,489件(同29.2%増)が6年ぶり、中部536件(同50.5%増)と北陸76件(同18.7%増)、近畿1,011件(同30.7%増)、中国173件(同36.2%増)、四国82件(同57.6%増)が3年ぶりに、それぞれ前年同期を上回った。

2023年上半期(1-6月)都道府県別倒産状況


※地区の範囲は以下に定義している。
東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨)
中部(長野、岐阜、静岡、愛知、三重)
北陸(富山、石川、福井)
近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)
中国(広島、岡山、山口、鳥取、島根)
四国(香川、徳島、愛媛、高知)
九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

上半期の主な倒産

[負債額上位5社]
1.ユニゾホールディングス(株)/東京都/純粋持株会社/1,261億9,800万円/民事再生法
2.FCNT(株)/神奈川県/携帯電話端末販売/872億円/民事再生法
3.ジャパン・イーエム・ソリューションズ(株)/兵庫県/携帯電話端末製造/613億円/民事再生法
4.堀正工業(株)/東京都/ベアリング販売ほか/350億円/取引停止処分
5.(株)JOLED/東京都/有機ELディスプレイパネル製造開発ほか/337億4,100万円/民事再生法

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年1-5月「税金(社会保険料含む)滞納」倒産81件 前年同期の約3倍に急増、年間では過去最多ペース

税金や社会保険料の滞納が、事業継続の支障になりつつある。 「税金(社会保険料含む)滞納」を一因とする倒産は、新型コロナが5類に移行した2023年は10月から毎月10件以上発生したが、2024年は5月までに合計81件と前年同期の2.8倍に急増。2015年以降の10年間の1-5月累計では最多を記録した。

2

  • TSRデータインサイト

新型コロナ破たん 5月は274件が判明(5月31日現在)

5月は「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が274件(前年同月比6.6%増)判明した。3月の月間件数は2023年3月の328件に次ぐ過去2番目の高水準だったが、4月は一転して減少。5月は再び増加へ転じた。

3

  • TSRデータインサイト

2024年1‐5月の「介護事業者」の倒産 72件に急増 上半期の過去最高を上回る、深刻な人手不足と物価高

2024年に入り、介護事業者の倒産が急増している。介護職員の人手不足と物価高に伴う運営コストの増加が主な要因だ。2024年1-5月の「介護事業者(老人福祉・介護事業)」の倒産は、累計72件(前年同期比75.6%増)に達した。すでに年上半期(1-6月)の過去最多だった2020年の58件を上回った。

4

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「道路貨物運送業」倒産 大幅増の46件 コストアップと「2024年問題」が直撃、4月以降は前年比2倍超

厳しい経営環境に置かれる道路貨物運送業の倒産が急増している。2024年5月の「道路貨物運送業」の倒産は46件(前年同月比119.0%増)で、5月としては2005年以降の20年間で最多を更新した。

5

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「物価高」倒産 87件に急増 コロナ禍以降の物価高騰で月間最多を更新

物価上昇スピードに追いつかない価格転嫁、人件費や借入返済などのキャッシュアウトでコストアップに耐え切れない倒産が右肩上がりで増加している。「物価高」に起因する倒産は87件(前年同月比47.4%増)と、コロナ禍以降で最多を更新した。一方、負債総額は194億4,100万円(同90.0%減)。

TOPへ