外部入手情報 その2(与信管理での情報入手先)

調査対象企業以外の外部から入手できる情報です。

企業情報データベース

企業信用調査会社が長年の調査業務で入手した企業情報をオンラインまたはオフラインで提供しています。
TSRでは現在国内900万件超の企業情報を保有し、「インターネット企業情報サービス(tsr-van2)」では、社名から業績まで経営評価に必要な項目が全て網羅されている企業概要情報を1社1,200円で販売しています。
オフラインサービス「TSR企業情報ファイル」などの検索条件を自由に設定でき、データ項目の組み合わせプランも複数あり、無駄のない自社だけのデータが入手できます。

企業調査レポート

信用調査会社が提供する企業調査レポートは、企業情報の多くの項目を漏れなくコンパクトにまとめており、その安価な価格・短期間の調査日数・独自の評価・採点が利用者に評価され一般的に広く活用されています。上場企業の有価証券報告書は極めてページ数が多く、データ量の多さが逆に判断・評価をし難くしているため、信用調査会社の企業調査レポートを利用するユーザーも多いです。
TSRではスポット会員で国内企業1社50,000円、調査会員は15,000円から24,000円で、様々な法人(個人企業含む)に企業信用調査を実施し、「国内企業調査レポート(TSR REPORT)」を作成・提供しています。なお、既存の調査レポートのコピーは、調査日から2カ月経過したものでスポット会員40,000円、調査会員は半額となります。
さらに「tsr-van2」に入会するとオンラインからTSR REPORTをはじめ、TSRの提携先であり世界最大の信用調査会社であるThe Dun and Bradstreet Corporation(D&B)が提供している「海外企業調査レポート(ダンレポート)」の入手も容易にできます。

信用情報

信用調査会社は倒産情報や焦げ付き情報(債権者名簿)・その他信用判断上有益と思われる時期に応じた分析記事などの情報を刊行物やメールサービスで提供しています。
TSRでは「倒産情報誌(TSR情報)」を全国の各支社店で発刊、購読者には倒産情報のメールサービス(1日2回)が無料で付いており、常に最新の情報をいち早く入手できます。また2005年以降に発生した倒産企業の商号・地域・負債総額(発生時点)での検索も可能となっています。

会社年鑑・書籍

TSRでは「東商信用録」(年1回、各地区版、全国8ブロック全10巻)を発刊しています。

不動産評価情報

所有不動産の評価・担保余力・資金調達余力を把握するのに必要な情報です。不動産の評価には路線価・公示地価があります。不動産には全く同じ条件の物件はないため、いずれも実際の売買価格とはなり得ませんが売買価格を推定するのに役立ちます。
路線価(国税庁)は地図上に価格が明記されています。該当の場所を見つけるのに少し大変ですが網羅率は高いです。
公示地価(国土交通省)の土地総合ライブラリーは所在地と価格が明記されており、該当の場所であればそのまま利用できますが、なかなか該当の場所はなく近辺の価格で推定するしかありません。

新聞・雑誌・業界紙ほか

新聞・雑誌・業界紙などから企業情報を入手できます。目的の企業を常時監視し漏れなく把握することは極めて難しいです。今日では新聞や雑誌、業界紙の記事についてキーワードを指定すると検索・提供のできるサービスが存在しています。

風評など

同業者や近隣業者・取引先から調査対象企業の噂を聞きだす方法です。自ら実行するとその行為が当事者に漏れた場合、大問題に発展するケースがあり、十分な配慮・注意が必要となります。さらに聞き出すテクニック・その信憑性の判断・情報の整理・活用などの問題も抱え、難易度は極めて高いです。
一方、信用調査会社は常時それら噂の情報を収集・整理・信憑性も判断した上で厳重に保管・管理し、信用調査業務・評価格付けに役立てています。

用語一覧へ

TOPへ