• TSR速報

(株)プロルート丸光

プロルート丸光の本社

プロルート丸光の本社

上場企業の倒産は1年4カ月ぶり

 東証スタンダード上場の(株)プロルート丸光(大阪市中央区)は12月5日、大阪地裁に会社更生法の適用を申請し同日、保全管理および調査命令を受けた。

 申請代理人は貞嘉徳弁護士(きっかわ法律事務所、大阪市北区中之島3-2-4)ほか6名。保全管理人には山本幸治弁護士(同法律事務所、同所)、調査委員には小林あや弁護士(小林功武法律事務所、同市北区西天満4-2-2)が選任された。

 負債総額は債権者990名に対して約27億300万円。


 1900年に創業し、120年以上の業歴を持つ老舗企業。衣料品小売店などを対象に、会員制の総合衣料品卸業者として展開し、1988年11月には日本証券業協会に店頭登録した。店舗でのセルフサービス方式を特徴とし、婦人服を主体とする衣料品や服飾雑貨、寝具・インテリアなど、国内外のメーカー約1000社から約10万点の商品を取り揃え、1993年3月期には売上高530億2308万円を計上していた。

 2004年12月にはJASDAQ(当時)に上場したが、消費者ニーズの多様化やアパレル業界の低迷など取り巻く環境が悪化するなか、減収基調で推移し、2019年3月期の売上高は90億8477万円と100億円を割り込んだ。さらに、2020年以降は「新型コロナウイルス」感染拡大により業績が一層悪化し、2023年3月期の売上高は40億3717万円にとどまっていた。

 こうしたなか、雇用調整助成金の不正受給や当社元会長らによる粉飾決算など、コンプライアンス上の問題が相次いで発覚し、上場維持が困難な状況となり、今回の措置となった。

 東京証券取引所より本日付で整理銘柄に指定され、2024年1月6日をもって上場廃止となる見込み。
なお、店舗は現在も営業を継続しているが、申請と同時にスポンサー企業の募集手続を開始しており、早期にスポンサー企業を選定し、支援の下で再建を図るとしている。

 また、子会社のオースディ(株)(兵庫県尼崎市)は法的手続をとっておらず、通常通り営業中。
上場企業の倒産は2022年8月に破産したテラ(株)(東証スタンダード)以来、1年4カ月ぶり。 


(株)プロルート丸光(TSR企業コード:570194873、法人番号:5120001089000、大阪市中央区北久宝寺町2-1-3、設立1951(昭和26)年3月、資本金6億6706万1400円)

※オースディ(株)(TSR企業コード:662266358、法人番号:5140001033344、兵庫県尼崎市)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2023年 1月比で金利上昇の企業 16.1% 金利が 0.5% 上昇で 2割超が「借入を断念」

2016年1月に日本銀行がマイナス金利を導入してから8年が経過した。マイナス金利解除の観測が市場に広がるが、すでに企業の借入金利は一部で上昇していることがわかった。

2

  • TSRデータインサイト

2023年の学習塾倒産 過去20年間「最多」の45件 市場拡大も、多様なニーズで「競争激化」

少子化が進むなか、激しい競争が続く学習塾業界では、中小・零細規模の塾の淘汰が続いている。2023年の学習塾の倒産は45件(前年比28.5%増)で、2004年以降の20年間で最多を更新した。

3

  • TSRデータインサイト

「すし店」の倒産が増勢の兆し 2024年1月の「すし店」倒産は5件

コロナ禍が落ち着くと同時に、日本を代表する人気食「すし店」の倒産が増えている。2024年1月の「すし店」倒産(負債1,000万円以上)は、5件(前年同月比400.0%増)だった。月間5件以上は、2020年8月(5件)以来、3年5カ月ぶり。

4

  • TSRデータインサイト

前受金依存度の高い業種 1位は「衣装レンタル」 前受金ビジネスの法的整備が急務

脱毛サロンや英会話学校、貸衣装など、消費者を巻き込んだ前受金ビジネスの危うさが広がっている。 東京商工リサーチは、2022年10月期-2023年9月期に決算を迎えた28万4,575社を対象に、財務諸表に前受金(前受収益を含む)を計上した企業を調査した。

5

  • TSRデータインサイト

足立成和信金と東栄信金が合併検討 合併後はメインバンク数1,365社、都内18位に上昇

日本銀行のマイナス金利解除が関心を集める中、東京都の足立成和信金(足立区)と東栄信金(葛飾区)が合併を検討していることがわかった。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ