ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)真秀コールド・フーズ

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2020/03/04(水)

民事再生法申請

負債総額約50億円

奈良 冷凍米飯製造、冷凍倉庫業 (株)真秀コールド・フーズ

~奈良県最大級の冷食工場を保有~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)真秀コールド・フーズ(TSR企業コード:014791552、法人番号:1150001019965、五條市住川町888-9、設立2015(平成27)年5月、資本金4300万円、浦島申次社長、従業員50名)は3月2日、奈良地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。申請代理人は植村淳子弁護士・田中成憲弁護士(弁護士法人関西法律特許事務所、大阪府大阪市中央区北浜2-5-23、電話06-6231-3210)。監督委員には北岡秀晃弁護士(古都の風法律事務所、奈良市高天町19-1、電話0742-20-0510)が選任された。
 負債総額は保証債務なども含め約50億円。

 奈良県などが出資する第三セクター企業である奈良市場冷蔵(株)(TSR企業コード:620087633、法人番号:3150001005955、大和郡山市)の役員などが中心となって設立。県や金融機関からの協調支援のもとで、2017年3月には総額約36億円をかけ、奈良県五條市内に奈良県内最大級となる移動ラック型冷凍保管庫を有する冷食炒飯・冷凍ピラフ・冷凍おにぎりなどの冷食米飯製造工場を開設した。
 しかし、工場開設以降、計画通りに受注を確保できなかったうえ、機械設備の不具合などもあり、収益体質を築くまでには至っていなかった。多額の先行投資負担を吸収できず、資金環境は急速に悪化。相次ぐ代表の交代など社内体制も整っていなかった。金融機関に対して返済猶予を要請するなど経営改善に努めてきたが、ここへきて資金繰りも限界に達し、自力再建を断念した。

全国最新トピックス

05月22日号
(株)レナウン 【東京】 アパレル製品製造卸
05月22日号
(株)ハニーインターナショナル 【新潟】 ユニフォーム生地ほか製造
05月21日号
(有)くまもと商店 【宮崎】 業務用食品卸売業
05月20日号
(有)前田潔商店 【岡山】 農機具販売
05月18日号
八創建設(株) 【岐阜】 建築工事業

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook

ページの先頭へ