ホーム > 企業倒産関連記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > マレリホールディングス(株)

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2022/06/24(金)

民事再生法申請

負債総額約1兆1330億円

埼玉 事業持株会社 マレリホールディングス(株)

~事業再生ADR成立を断念、負債は歴代9番目の経営破たん~

マレリの本社

 2022年3月に事業再生ADR(裁判外紛争解決手続)を申請していたマレリホールディングス(株)(TSR企業コード:022746064、法人番号:7010001178910、さいたま市北区日進町2-1917、設立2016(平成28)年10月、資本金1億円、代表取締役: デイヴィッド・ジョン・スランプ氏ほか)は6月24日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、民事再生開始決定を受けた。債権者の全ての金融機関から同意を得ることが難しくなり、法的整理による事業再生を目指す。
 申請代理人は藤原総一郎弁護士(森・濱田松本法律事務所、千代田区丸の内2-6-1)。
 負債総額は債権者26名に対し、約1兆1330億円。
 負債総額は、2022年で最大。これまでの新型コロナ関連の経営破たんでも過去最大。負債1兆円超えは2017年6月に民事再生法の適用を申請したエアバッグメーカーのタカタ(株)(現:TKJP(株)、TSR企業コード:295877413)以来、約5年ぶり。これまでの全ての経営破たん(1989年以降)では、歴代9番目。

 事業再生ADRはマレリHDほか子会社4社が申請していたが、マレリHDのみが民事再生法を申請。金融機関のみを対象とし、マレリグループの国内外の事業子会社や、取引先に影響はないとしている。

 マレリHDは、日産自動車を主力とした大手部品サプライヤーの旧:カルソニックカンセイ(株)が前身企業で、米国投資ファンドのKKRグループが買収後、イタリアの大手自動車部品メーカーのマニエッティ・マレリと経営統合し、事業規模を拡大していた。しかし、「新型コロナウイルス」による自動車メーカーの生産台数の落ち込みや半導体不足、で経営不振となり、1兆円を超える金融負債が重荷となっていた。
 現株主のKKRをスポンサーとし、金融機関から債権放棄など約4500億円の金融支援を受けるほか、人員削減などを柱とした事業再生ADRの成立を目指していた。しかし、上海ロックダウンなどもあり、業況の悪化が続いていた。
 こうしたなか、当社が提案した事業再生計画について、全ての金融機関からの同意を得られず、今回の措置となった。

 東京商工リサーチ(TSR)が2022年2月に発表した「マレリグループ国内取引状況」調査によると、直接の仕入先は471社で、うち8割(377社)が資本金1億円未満の中小企業だった。間接を含めた2次仕入先の総数は2545社に及ぶ。

全国最新トピックス

08月17日号
(株)迫田建設 【鹿児島】 建築工事
08月17日号
(株)KS流通 【北海道】 一般貨物自動車運送業
08月12日号
武蔵オプティカルシステム(株) 【埼玉】 光学機器用レンズ製造
08月12日号
(株)サンウッド 【栃木】 建築工事
08月10日号
テラ(株) 【東京】 バイオベンチャー

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ