ホーム > 企業倒産関連記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (有)伊勢農場

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2022/05/13(金)

会社更生開始決定

負債総額34億214万円

三重 養鶏業 (有)伊勢農場

~イセ食品グループの養鶏関連会社、新型コロナウイルス関連~

※画像は実際の企業と関係はありません

 3月25日、東京地裁へ会社更生法を申し立てられ同日、保全管理命令を受けていた(有)伊勢農場(TSR企業コード:575363398、法人番号:3190002013466、伊賀市諏訪字千谷2600、設立2005(平成17)年2月25日、資本金300万円、伊勢彦信社長)は4月28日、東京地裁より会社更生開始決定を受けた。管財人には髙井章光弁護士(髙井総合法律事務所、東京都港区西新橋1-15-5、保全管理室:電話03-6758-6936)が選任された。
 負債総額は34億214万円(2021年1月期決算時点)。

 イセ食品(株)(TSR企業コード:311024971、法人番号:8030001061642、千代田区)グループの成鶏農場として展開。伊賀市、いなべ市に100万羽以上を飼育し、2016年1月期は売上高57億4317万円をあげていた。
 しかし、近年は鶏卵相場の落ち込みや特別損失などで業績が悪化。2020年以降は新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が落ち込み、2021年1月期は売上高48億3730万円にとどまり、3期連続の赤字計上から債務超過が拡大していた。
 こうしたなか、イセ食品が取引金融機関との間でバンクミーティングを実施し、私的整理を目指していたが調整が難航。株主と金融機関から会社更生法を申し立てられ3月25日に会社更生開始決定を受けた。
 伊勢農場はイセ食品以外の者が株式を有し、実質的に経営者不在の状態が続いていたため、イセ食品の管財人が債権者の立場で会社更生手続を申し立てた。
 イセ食品の管財人が3月25日公表した「伊勢農場の会社更生手続の申立てについて」によると、今回の伊勢農場の申立ては「イセ食品グループ一体として事業を継続するために行った。伊勢農場は引き続きイセ食品グループの成鶏農場として営業を継続する」としている。

全国最新トピックス

07月05日号
(株)日特 【東京】 イヤホン・ヘッドホン設計開発ほか
06月29日号
アンドモワ(株) 【東京】 居酒屋経営ほか
06月28日号
(株)信濃屋 【埼玉県】 海苔加工販売ほか
06月20日号
(有)紀の国屋 【東京】 和菓子の製造販売
06月17日号
(株)フィフティ 【埼玉】 家電製品販売ほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ