ホーム > 企業倒産関連記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)ひだ高山中央市場

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2020/04/02(木)

民事再生法申請

負債総額約10億8000万円

岐阜 青果物・水産物卸 (株)ひだ高山中央市場

~高山市公設地方卸売市場の荷受、青果部門は新会社に譲渡へ~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)ひだ高山中央市場(TSR企業コード:472011685、法人番号:4200001025170、高山市問屋町6、設立1974(昭和49)年11月、資本金4600万円、永井信次社長)は3月31日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。申請代理人は網野精一弁護士(阿部・井窪・片山法律事務所、東京都中央区八重洲2-8-7、電話03-3273-2600)。監督委員には佐藤三郎弁護士(佐藤三郎法律事務所、東京都千代田区麹町3-12-7、電話03-3556-2274)が選任された。
 負債総額は約10億8000万円。

 高山市公設地方卸売市場の卸売業者(荷受)として青果物および水産物を扱い、地元スーパーマーケットや小売店に販路を築き、ピーク時の1991年12月期には売上高約86億7200万円を計上した。
 その後は、小売店間の競争激化で販売先数が減少するとともに、小売店が独自に仕入を行う市場外取引の増加もあり、一時期は約310社あった買受人は約170社にまで減少。近年は天候不順や災害等により農作物が被害を受け、商品確保が困難となるなど仕入量も落ち込んだ。2018年12月期は売上高が32億8448万円にとどまったうえ、3期連続で赤字となり債務超過が拡大。その後も業況は改善せず、資金繰りが限界に達し、今回の措置となった。
 今後は主力販売先であるスーパーマーケット運営の(株)駿河屋魚一(TSR企業コード:472010352、法人番号:1200001024902、高山市)が設立する新会社に青果部門を譲渡、鮮魚部門は清算し、再建を目指す意向。

全国最新トピックス

05月23日号
日本アゼル(株) 【宮城】 土木・建築工事、とび・土木工事
05月20日号
ドミノ 【愛媛】 建築工事
05月19日号
(株)丸協 【宮城】 乾物・漬物等食料品卸
05月18日号
オンキヨーホームエンターテイメント(株) 【大阪】 音響機器製造販売ほか
05月17日号
神例造船(株) 【徳島】 造船業、橋梁、鋼構造物工事

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ