ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)エム・テック

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2018/11/20(火)

破産開始決定

負債総額253億4,933万円

埼玉 総合建設業 (株)エム・テック

~「有明テニスの森公園改修工事」が中断していた~

「有明テニスの森」改修工事 現場入り口(10月撮影)

 10月22日、東京地裁から再生手続き廃止決定を受けた(株)エム・テック(TSR企業コード:310340748、法人番号:8030001001169、さいたま市浦和区高砂3-7-2、設立昭和63年10月、資本金4億6637万5000円、向山照愛社長)は11月20日、職権による破産開始決定を受けた。破産管財人には北秀昭弁護士(北秀昭法律事務所、港区虎ノ門4-1-14、破産管財人室03-5501-2374)が選任された。
 民事再生法申請時の負債総額は債権者887名に対して253億4933万円。
 財産状況報告集会を平成31年7月3日午後2時よりメルパルクホール(東京都港区)で開催予定。

 PC橋梁、土木、建築、解体工事などを手がける総合建設業者。昭和63年の設立で、関東地区での建築工事や官公庁案件などを積極受注し業績を伸ばしていた。平成17年9月には民事再生法を申請した中堅ゼネコンの勝村建設(株)(当時、東証1部)の受け皿会社を吸収するなど、複数の破綻企業を傘下に入れるなどして業界中堅に成長していた。
 その後、営業エリアを全国に拡大、公共工事を中心に東日本大震災の復旧工事などでさらに完工高を伸ばし、29年7月期の売上高は約244億2700万円をあげていた。しかし、以前から下請け業者や取引業者への支払いトラブルが頻発していた。
 また、29年12月に民事再生法を申請した(株)PROEARTH(TSR企業コード:363795677、法人番号:6021001039417、厚木市、その後破産に移行)に約10億円の大口焦付きが発生。動向が注目されるなか、PROEARTHのスポンサーになることを表明したが、PROEARTHに不正リースなどの不適切会計が発覚し、スポンサーを下りて話題になっていた。
 30年3月には、一部の公共工事で手続きの不備や施工上の問題が発生し、東京地検から港則法違反で起訴された事で200以上の自治体から指名停止処分を受ける不祥事が発生。これを機に新たな公共工事を受注できなくなったほか、金融機関の姿勢も硬化したことから資金調達も限界に達し、10月1日に民事再生法の適用を申請。10月4日に開催した債権者向け説明会では、スポンサー支援を得て再建に取り組むとしていたが、奏功せず民事再生手続きを断念していた。
 民事再生廃止に伴い、当社が手がけていた公共工事を中心とした全国88カ所(請負代金総額549億9150万円)の工事が契約解除となった。このなかにはオリンピック施設関連の「有明テニスの森公園(JV)施設改修その他工事」や復興関連工事などが含まれ、発注者である自治体や下請業者などの関係者に混乱が広がっている。
 なお、破産管財人によると「今後の破産財団の形成見通しはかなり厳しく、破産債権の配当に充てられるだけの資産は存在しない可能性が高い」としている。

全国最新トピックス

06月07日号
(株)ちきたく 【埼玉】 空調・給湯設備企画卸
06月03日号
(株)藤栄工業 【島根】 建築工事
06月02日号
(株)トリオ東部販売 【千葉】 パチンコ景品卸売
06月01日号
(株)MICOTOテクノロジー 【鳥取】 医療・福祉ロボット研究開発
05月26日号
(株)パネイル 【東京】 電力需給管理システム開発ほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ