与信管理業務のルーツ

企業間取引には欠かすことのできない与信管理。まず与信管理という言葉は、企業の取引習慣はどのような流れで発生・誕生したのかを学びましょう。

商取引におけるモノとカネの流れ

私たちが普段、コンビニエンスストアなどでモノを購入するときには、モノを受け取ると同時にカネを支払います。ただし企業間でこの取引方法を取った場合、膨大な量の帳簿をつけなければなりません。そのため、例えば1カ月など区切りを決め、まとめて取引を行います。モノが先でカネが後となり、代金を回収するまでにタイムラグが生じるのです。
ここでモノ(商品・サービス)は提供したけれどもきちんとカネを払ってくれるか、という懸念が発生します。それを検証するのが「与信管理」です。

商取引におけるモノとカネの流れ

信用調査機関の誕生

1760年代から1830年代にかけて起こった産業革命も終わりに近づいた1830年、イギリスにて世界初となる信用調査機関が誕生しました。
産業革命によって生産量の拡大、取引の拡大が起こった結果、商品の引渡し時には代金支払いを行なわず決められた期日までに猶予を持ち、後日支払いを行なう信用取引が発生し、資金の立替え、資金回収、信用調査などの需要が大きくなりました。この中でも自身で行うには作業負荷の高い信用調査を代行するものとして信用調査機関が誕生しました。
なお、現存する最古の信用調査会社であるマーカンタイル・エージェンシー(現・D&B)は1841年に創業しています。また1857年にフランスで、1859年にはドイツに、それぞれ信用調査機関が設立され、信用情報の交換が行われるようになったと言われています。

国名 社名
1830 イギリス ペリー・コマーシャル・エージェンシー(世界最初の調査機関)
1841 アメリカ マーカンタイル・エージェンシー(現在のD&B)
1892 日本 商工社(現在の東京商工リサーチ)

日本では1892年、白崎敬之助によって国内で最も歴史のある信用調査会社「商工社」(現在の東京商工リサーチ)が創業しました。当時は商圏を都内に限定していたものの、次第に全国に調査網を広げていき、現在では世界最大の信用調査会社であるD&Bと業務提携し、全世界の企業情報を提供しています。

Point

販売先の与信管理を目的として発生した与信管理業務は、現在、仕入先や外注先など全ての取引先の信用を管理し、良質な取引先の確保、取引基盤の強化、経営全体の安定としての概念を持っています。さらに会社法やJ-SOX法に基づくリスクマネジメント、内部統制としても重要な経営施策と位置付けられています。
東京商工リサーチでは、全国の企業へ取材をし、収集した企業情報をデータベース化することで、現在では多様化するユーザーの要望に応えるべく、ICTソリューションも手がけています。

「最新記事」一覧を見る

TSR-PLUSカテゴリー別最新記事

リーダーズ・インタビュー
>>>一覧へ
企業をけん引するリーダーが持つ豊富な経験や、企業の展望などに深く切り込んでインタビューした記事です。リーダー達の「生の声」をご紹介し、ビジネスのプラスになるヒントをお届けします。
南うみ街信用金庫・田原栄輝理事長インタビュー ~道南企業に必要とされる金融機関であるために~ 2024/06/20
コロナ禍での財務への影響が尾を引き、ロシアのウクライナ侵攻による資源価格の上昇など厳しい経済情勢が続いている。地域金融機関はどのように企業に寄り添っているのか。
失敗しない与信管理
>>>一覧へ
適切な与信管理体制を構築していただけるよう、与信管理について正しい知識と企業情報の入手先などを紹介します。
与信管理とは
「与信」とはどのような意味から成り立っている言葉なのかを学びましょう。
by TSR-PLUS編集部
海外取引のノウハウ
>>>一覧へ
慎重な判断が求められる海外取引における与信管理やマーケティングのノウハウをご紹介いたします。
海外企業の与信管理の必要性
TSRでは海外企業との取引において気を付けるべきポイントや課題を解決するソリューションなど、海外ビジネスにおける与信管理のヒントとなる情報をご提供いたします。
by TSR-PLUS編集部
企業データの有効活用
>>>一覧へ
営業・マーケティングにおけるTSRの企業データを活用したソリューションをご紹介します。
TSRデータベース指標 ~自由に条件を設定し、経済全体の状況や推移を迅速に把握できる統計ツール~
企業調査を通じてTSRが日々収集・蓄積している企業情報および決算情報のデータベースを活用し、企業単位の活動を捉え、我が国の経済全体の状況や推移を迅速に把握できる、日本で唯一の統計ツールです。
コンプライアンスチェック
>>>一覧へ
取引先に犯罪行為や倫理的リスクなどが無いか、非財務面から取引リスクを見極める「コンプライアンスチェック」をご紹介します。
日本におけるAMLとCFTの流れ
アンチ・マネー・ローンダリング(AML)とテロ資金供与対策(CFT)は、各企業において更なる対策が求められています。本ページでは、日本におけるAML/CFTの歴史と今後について触れていきたいと思います。
by TSR-PLUS編集部
用語辞典
>>>一覧へ
与信管理に欠かせない用語を中心に基礎的なビジネス用語から専門用語まで、 幅広く収録した用語辞典です。営業活動の知恵袋としてお役立てください。
与信管理
「与信」とは、取引先に信用を供与すること。取引先の財政状態、営業内容、取引実績などを総合的に判断して与信限度額(取引額)を設けること。
TOPへ