ホーム > 企業倒産関連記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)高尾

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2022/05/31(火)

民事再生法申請

負債総額66億7996万円

愛知県 遊技機器製造 (株)高尾

~オーイズミが支援意向、新型コロナ倒産~

高尾の本社

  (株)高尾(TSR企業コード:400505967、法人番号:7180001019965、名古屋市中川区中京南通3-22、設立1979(昭和54)年12月、資本金1200万円、内ヶ島隆寛社長)は5月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、保全監督命令を受けた。申請代理人は小幡朋弘弁護士(PLAZA総合法律事務所、東京都中央区日本橋2-1-14)ほか。監督委員には佐長功弁護士(阿部・井窪・片山法律事務所、中央区八重洲2-8-7)が選任された。
 負債総額は債権者319名に対し66億7996万円。

 パチンコ機器の製造を手掛けていた。遊技台「カイジ」シリーズがヒットしたほか、「一騎当千」シリーズや「銭形平次」シリーズなど人気機種を順次リリース。2002年12月期にはピークとなる売上高約240億8300万円をあげたが、以降はヒット機種の有無により業績の波は大きかった。また、2017年4月に当時の社長がフィリピン・マニラで銃撃され、2018年10月には名古屋市内の車庫で刺殺される事件が発生。さらに同年、「カイジ4」のスペックや性能に関する不正問題も発覚し、回収や補償問題に発展する事態となっていた。
 2019年12月期はG20サミットやラグビーワールドカップなどの開催による新台リリースの自粛で売上高が約75億6000万円まで落ち込んだうえ、2020年12月期は「新型コロナウイルス」感染拡大の影響が重く、売上高は約83億6300万円にとどまり、大幅な赤字を計上した。
 2021年12月期には「カイジ5」をリリースしたが、パチンコホールが新台への投資を控えるなかで販売台数は低迷。旧規制機種(みなし機)の入替需要を見込んだ「らんま1/2」も特需には繋がらず、売上高は約47億9100万円と大幅に減少した。事業所や人員の整理などを進めたが、同期は約34億400万円の赤字となり、3期連続の欠損を余儀なくされた。
 従前からの新台開発費用などによる年商規模を上回る借入金の返済負担が重く、資金繰りが悪化。2022年3月、愛知県中小企業再生支援協議会(当時)の特例リスケを利用し、金融機関に対する元金返済を停止。取引先への支払猶予を受けるなど事業継続していたが、資金繰りが限界に達し、今回の措置となった。
 なお、遊技機関連の装置製造の(株)オーイズミ(TSR企業コード:360043445、法人番号:5021001020996、神奈川県厚木市、東証プライム)がスポンサー候補として支援する意向を表明。オーイズミの担当者は、「現時点ではコメントできない」としている。
 高尾の債権者向けに、再生支援室(電話052-355-9030)が開設されている。

全国最新トピックス

07月05日号
(株)日特 【東京】 イヤホン・ヘッドホン設計開発ほか
06月29日号
アンドモワ(株) 【東京】 居酒屋経営ほか
06月28日号
(株)信濃屋 【埼玉県】 海苔加工販売ほか
06月20日号
(有)紀の国屋 【東京】 和菓子の製造販売
06月17日号
(株)フィフティ 【埼玉】 家電製品販売ほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ