ホーム > 企業倒産関連記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)エンプレイスほか2社

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2022/05/27(金)

民事再生法申請、関連2社は破産申請

負債総額3社合計45億1149万円

埼玉 カーナビゲーション・ドライブレコーダー開発販売 (株)エンプレイスほか2社

~カーナビブランド「DIANAVI(ディアナビ)」などを展開~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)エンプレイス(TSR企業コード:296381160、法人番号:8011501013944、朝霞市栄町2-1-40、登記上:東京都荒川区西日暮里2-25-1、設立2005(平成17)年6月、資本金5900万円、代表者:金成鎬氏)は5月27日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。申請代理人は清水靖博弁護士(明哲綜合法律事務所、東京都中央区日本橋茅場町3-12-2)。監督委員には石本哲敏弁護士(石本哲敏法律事務所、東京都千代田区丸の内1-8-2)が選任された。
 また、関連の(株)フィフティ(TSR企業コード:017549140、法人番号:8010501039215、同所、登記上:東京都荒川区西日暮里2-40-3、設立2016(平成28)年3月、資本金2500万円、佐藤剛社長)と(株)アムス(TSR企業コード:492002037、法人番号:9180001084982、同所、登記上:愛知県一宮市浅野字大島14、設立2003(平成15)年3月、資本金9500万円、同社長)は同日、東京地裁に破産を申請した。
 負債は、エンプレイスが債権者約95名に対して28億149万円、フィフティが約14億円、アムスが約3億1000万円で、3社合計45億1149万円。

 エンプレイスは、カーナビゲーションおよびドライブレコーダーの開発・販売を手掛けていた。カーナビゲーションの自社ブランドとして「DIANAVI(ディアナビ)」等を立ち上げ、低価格を強みに販売を伸ばしたほか、近年はドライブレコーダーの扱いも増やし、2016年3月期には売上高38億2019万円をあげていた。また、同期にフィフティとアムスを買収し、2020年6月にもM&Aを行うなど、積極的に展開していた。
 しかし、「新型コロナウイルス」感染拡大に伴い海外メーカーからの物流が滞ったうえ、半導体不足により、原材料の調達にも苦戦。コロナ禍の外出自粛を背景に国内旅行などが縮小したことでカーナビゲーションの需要も落ち込み、2021年3月期の売上高は16億1829万円にとどまっていた。
 一方、M&A資金の調達によって過剰債務となり、以前よりバンクミーティングを行っていたが、M&A後の売上水増し等の不適切会計処理もあって交渉も不調に終わり、今回の措置となった。

 フィフティは家電製品や雑貨のほか、自社ブランドの電気ストーブやハロゲンヒーターの販売も手掛け、アムスはワイパーブレードやタイヤチェーン等の卸売を行っていたが、2社ともにエンプレイスに連鎖した。

全国最新トピックス

07月05日号
(株)日特 【東京】 イヤホン・ヘッドホン設計開発ほか
06月29日号
アンドモワ(株) 【東京】 居酒屋経営ほか
06月28日号
(株)信濃屋 【埼玉県】 海苔加工販売ほか
06月20日号
(有)紀の国屋 【東京】 和菓子の製造販売
06月17日号
(株)フィフティ 【埼玉】 家電製品販売ほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ