ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)エス・ピー・エム

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2021/07/05(月)

破産申請へ

負債総額13億273万円

愛知 紳士カジュアルウェアほか卸 (株)エス・ピー・エム

~取引先の破たんや新型コロナが影響~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)エス・ピー・エム(TSR企業コード:401295176、法人番号:1180001055561、名古屋市中区丸の内2-7-19、設立1999(平成11)年7月、資本金2000万円、江原正純社長)は7月1日までに事業を停止し、名古屋地裁への破産申請を古澤仁之弁護士(弁護士法人小山・古澤早瀬、同市中村区名駅3-21-7、電話052-485-7188)に一任した。
 負債総額は13億273万円(2020年6月期決算時点)。

 メンズカジュアルウェアのODM・OEM生産を中心とした輸入、卸売業を手掛けていた。中国、韓国、ミャンマー、バングラデシュなど各国の企業に製造を委託し、Tシャツからアウターまで扱い品は多岐に及んでいた。商品企画力と海外の仕入ルートを強みに、近年はレディース向けも一部扱うようになり、2019年6月期の売上高は25億1291万円を計上した。
 2020年6月期も上半期は好調な受注状況にあったが、下期は「新型コロナウイルス」の影響でバングラデシュからの仕入が滞ったことで、商品供給が思うように進まず、売上高は24億8611万円となった。2021年6月期に入ると、仕入状況は回復したものの、コロナ禍の影響で受注の下落が著しく、採算の悪化から資金繰りが悪化。
 こうしたなか、取引先の(株)コイケ(TSR企業コード:400660636、法人番号:9180001035738、名古屋市中区)が5月14日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したことをきっかけに、2021年5月末の決済に支障をきたしたことで、厳しい資金事情を露呈。動向が注目されるなか、今回の措置となった。

全国最新トピックス

01月19日号
(有)大分ツアーシステム 【大分】 旅行代理業
01月17日号
(株)未来建設 【熊本】 土木工事
01月13日号
ミナト製薬(株) 【東京都】 健康食品製造販売
01月12日号
青木商事(株) 【愛知】 ネットカフェ・ゲームセンター運営
01月06日号
(株)セントラル ~その2~ 【岩手】 建設機械リースほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ