ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)創真ほか2社

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2020/12/21(月)

民事再生法申請

負債総額27億8430万円

東京 建築・土木工事業 (株)創真ほか2社

~奥井建設(株)に連鎖~

創真の本社(TSR撮影)

 (株)創真(TSR企業コード:294237453、法人番号:5010601040595、江東区亀戸2-44-10、設立1997(平成9)年6月9日、資本金5000万円、片岡久人社長)と関係会社2社は12月21日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は荻野聡之弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所、千代田区大手町1-1-1、電話03-6864-3021)ほか10名。監督委員には勝部浜子弁護士(やまぶき法律事務所、千代田区神田小川町2-1、電話03-5577-6901)が選任された。
 負債総額は創真が18億8600万円、関係会社のJusticeが7億8850万円、ブロードが1億980万円、3社の負債合計は債権者約230名に対して27億8430万円。
 債権者説明会を12月24日午前10時よりTKP東京駅大手町カンファレンスセンター(千代田区)で開催予定。

 創真は公共工事を主体とする建設業者。東京都のほか、江東区・足立区・北区・港区などから工事を受注。受注のほぼ100%を公共工事が占め、都営住宅や庁舎などの建物建築や、東日本大震災以降は耐震補強工事などが堅調に推移し、2020年6月期は過去最高となる完工高21億9751万円をあげていた。
 一方で、2020年3月に親密な取引関係にあった奥井建設(株)(TSR企業コード:290524580、法人番号:5011801006650、足立区)が破産を申請。これにより多額の不良債権が発生したうえ、当社の信用が大きく低下。取引先より前払いや現金での支払いを求められるなどして資金繰りがひっ迫した。
 また、新型コロナウイルスの影響で民間工事が減少するなかで、これまで民間主体だった工事業者が公共工事の受注を積極化するなどして事業環境が悪化、自力再建は困難と判断し今回の措置となった。
 なお、12月21日付けで建設工事などを手掛ける(株)冨士工(TSR企業コード:291043992、法人番号:2010701017769、品川区)との間でスポンサー契約を締結。「今後は、同社あるいは同社が新設する新会社に裁判所の許可を条件として事業を承継することを予定」としており、同社支援の下で事業を継続するとしている。

 同時に民事再生法を申請したのは以下の2社。
 (株)Justice(TSR企業コード:298845008、法人番号:6011801025600、江東区亀戸6-56-8、設立2011(平成23)年11月18日、資本金4000万円、國井聖社長)
 (株)ブロード(TSR企業コード:294564730、法人番号:9011801026034、江東区亀戸2-44-12、設立2012(平成24)年3月30日、資本金9000万円、髙橋康二社長)

全国最新トピックス

01月22日号
(株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場 【福岡】 ゴルフ場経営
01月20日号
大興製紙(株) 【静岡】 クラフト紙製造ほか
01月19日号
(株)東洋食品 【広島】 豆腐及び豆腐関連品の製造
01月18日号
(株)光隆 【愛知】 工業用ゴム製品製造
01月14日号
(有)眞鍋 【愛媛】 繊維製品プリント

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ