ホーム > 企業倒産関連記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > 東伸工機(株)(旧:(株)ワイテック)

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2018/07/12(木)

特別清算開始決定

負債総額約32億円

神奈川 FA関連機器製造・組立ほか 東伸工機(株)(旧:(株)ワイテック)

~事業は新会社で継続中~

※画像は実際の企業と関係はありません

 東伸工機(株)(TSR企業コード:350236305、法人番号:5020001001775、横浜市瀬谷区五貫目町20-20、設立昭和40年1月、資本金2150万円、代表清算人:森田政良氏)は6月26日、横浜地裁より特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は約32億円。

 (有)東伸工機製作所を前身とし、東伸工機(株)の商号で昭和40年1月に設立、その後、平成3年1月に(株)ワイテックへ商号変更した。
 真空ポンプや半導体製造設備の精密部品加工から溶接ロボットやハンドリングロボットといったFA関連機器の製造組立などを手掛け、3年11月期には売上高約5億3000万円を計上。4年4月には横浜市の誘致を受け、国鉄跡地の利用により設置された工業団地「横浜インナーパーク」に約12億円を投じて本社兼工場を開設し、五面加工機など最新鋭の機械設備も同業者に先駆け導入し、受注拡大を目指した。
 しかしバブル崩壊以降、急激に需要が冷え込んだことで5年11月期は売上高が4億1979万円に減少し1095万円の赤字を計上。以降も受注低迷が続き、14年8月期(決算期変更)は売上高約2億5500万円にまで落ち込み、約6900万円の赤字を計上した。
 こうしたなか、工場建設に関わる設備投資負担が重くのしかかり、弁済も困難となっていた。多額の債務を棚上げした状態にありながらも、大手企業を主体とする顧客からは継続的に受注を得て事業を継続していた。
 このため、30年1月9日に新設分割した(株)ワイテック(TSR企業コード:027150887、法人番号:8020001124631、横浜市瀬谷区)へ事業を譲渡し、当社は同日付けで現商号に変更。3月5日開催の株主総会の決議により解散し、今回の措置となった。

全国最新トピックス

05月23日号
日本アゼル(株) 【宮城】 土木・建築工事、とび・土木工事
05月20日号
ドミノ 【愛媛】 建築工事
05月19日号
(株)丸協 【宮城】 乾物・漬物等食料品卸
05月18日号
オンキヨーホームエンターテイメント(株) 【大阪】 音響機器製造販売ほか
05月17日号
神例造船(株) 【徳島】 造船業、橋梁、鋼構造物工事

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ