ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)恵比寿ほか1社

[福岡] 質店経営(株)恵比寿ほか1社

破産開始決定負債総額約72億5000万円

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2014.01.08

~出資法違反容疑で社長らが逮捕され~

 債権者から破産を申し立てられていた(株)恵比寿(TSR企業コード:872192776、福岡市博多区住吉5-5-15、設立平成20年2月、資本金300万円、大山貴博社長)と、関連の(有)ダイギンエステート(TSR企業コード:872007022、同所、設立平成15年3月、資本金300万円、大山晟徳社長)は1月7日、福岡地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には保全管理人である高松康祐弁護士(みらい法律事務所、同市中央区警固1-12-11、電話092-781-4148)が選任された。平成25年2月、債権者から破産を申し立てられ4月26日、福岡地裁より財産の保全管理命令を受けていた。
 2社の負債合計は約72億5000万円。

 被害者弁護団による破産申請時点の債権者数、債権額は恵比寿が14名に対して約2300万円、ダイギンエステートが債権者7名に対して約1090万円だった。しかし、2社の被害者数は福岡県を中心に熊本、佐賀県など延べ約1万人にのぼり、「営業は無登録貸金業に該当する」として顧客からの弁済金を違法と認定している。
恵比寿は「えびす」、ダイギンエステートは「アオキ」の屋号でそれぞれ質店を経営し、福岡、佐賀、熊本など両社で計12店舗を展開していた。しかし、24年10月、質屋を装い、年金を担保に高齢者に対して高金利で金を貸し付けていたとして、福岡県警が貸金業法違反(無登録営業)容疑で2社を家宅捜索。その後、相談の増加と社会情勢を受けて、「違法質屋被害者弁護団」が組織され、25年2月に債権者20人が福岡地裁に破産を申し立てていた。また、同年5月30日には福岡県警が出資法違反容疑で2社の社長ら4人を逮捕していた。

記事の取扱いについて

資料請求・お問い合わせはこちら。お気軽にお申込み下さい。

製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ