ホーム > 会社案内 > ニュースリリース > 2021年 > 東京商工リサーチ、一橋大学・あずさ監査法人との共同研究による「非上場企業の会計不正リスク」に関するワーキングペーパーを公表

東京商工リサーチ、一橋大学・あずさ監査法人との共同研究による「非上場企業の会計不正リスク」に関するワーキングペーパーを公表

  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.08.12

株式会社東京商工リサーチ(所在地:東京都千代田区、代表:河原光雄、以下「TSR」)は、国立大学法人一橋大学(所在地:東京都国立市、学長:中野聡)、有限責任あずさ監査法人(東京都新宿区、理事長:森 俊哉)と共同で、機械学習の手法を用いた非上場企業の会計不正のリスクをスコアリングするモデルの研究成果をまとめ、一橋大学ワーキングペーパー「機械学習手法を用いた不正会計予測:非上場企業データを用いた検討」 として2021年6月22日付けで公表しました。

共同研究の目的

TSRと一橋大学、あずさ監査法人は、TSRが保有する企業データを特許取得済の機械学習の手法 を用いた分析により、不正会計を高い精度で検知するモデルの共同研究を従来から行ってまいりました。
TSRは、保有する企業に関するデータの提供に加え、データ分析を軸とした付加価値の高いコンテンツ、サービスを提供することで、引き続き、お客さまの意思決定や政府自治体の政策評価などの支援を行ってまいります。

本研究の特徴と成果

本共同研究は上場企業に限らず、非上場企業に対しても、各企業の与信評価点(評点)及び基本的な企業属性から構築される比較的小規模な変数群と、機械学習手法の利用による適切なモデル構築により、不正会計の予測が高い精度で実現できる可能性を示唆しています。
なお、本共同研究で構築した不正会計予測モデルは、一橋大学とTSRによる共同研究成果である特許「企業情報処理装置、企業のイベント予測方法及び予測プログラム」(特許番号:第6611068号、特許取得日:令和1年11月8日)の技術に基づいています。

関連リンク

一橋大学「機械学習手法を用いた不正会計予測:非上場企業データを用いた検討」別ウィンドウで開きます。

Number:FS-2021-J-001
Title:機械学習手法を用いた不正会計予測:非上場企業データを用いた検討
Author:あずさ監査法人(宇宿哲平、近藤聡、白木研吾)、一橋大学(宮川大介)、TSR(柳岡優希)

ニュースリリースに関するお問い合わせ

資料請求・お問い合わせはこちら お気軽にお申し込みください

フォームからお問い合わせ

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ
03-6910-3111
受付時間:9:00~17:30(土日祝日、会社特休日を除く)

このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
国内企業情報レポート(TSR REPORT)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
海外企業調査レポート(D&Bレポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
企業情報データベース(Data Approach)

TSRの会社案内
TSRの会社案内
東京商工リサーチ(TSR)の会社情報をお伝えいたします!

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 新コンテンツ「TSR情報Web」の倒産情報配信サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

調査取材ご協力について

ページの先頭へ