マスターデータ統合による顧客管理の効率化

部署間で独立した取引先データベースを使用している企業も多いですが、取引先の適正な管理という観点においては、一部の取引状況だけでなくその企業全体での取引額や、信用できるデータを元にした経営状況の把握など、包括的な視点からマスターデータの管理をおこなうことが重要です。

課題

  • 全社的に取引先登録の際の表記ルールが統一されていない
  • 複数の部署で取引先管理を行っているため、2重登録など無駄な作業が発生
  • 企業情報の更新に手間がかかりデータが陳腐化することもある
  • 取引先の総取引額が把握しにくく、適正な取引額かどうかの判断ができない

すべて同一企業だが、情報がバラバラで統一されていない

ソリューション

ユニークなTSR企業コードを用いてマスターデータを統合し、企業単位での管理を可能にします。合わせてTSRが保有する900万件の企業情報データベースから取引先の企業情報を随時取得することで情報のメンテナンスを削減できます。他にも、グループ単位での債権額を瞬時に集計したり、評点リスクスコア与信限度額などの情報を元にした適正な取引判断、リスク情報の共有などあらゆる業務において多大なメリットを享受することができます。

マスターデータ

マスターデータ統合イメージ

フロー

顧客データベースの一元管理

「最新記事」一覧を見る

TSR-PLUSカテゴリー別最新記事

リーダーズ・インタビュー
>>>一覧へ
企業をけん引するリーダーが持つ豊富な経験や、企業の展望などに深く切り込んでインタビューした記事です。リーダー達の「生の声」をご紹介し、ビジネスのプラスになるヒントをお届けします。
苫小牧信用金庫・小林一夫理事長インタビュー ~ 地域で真っ先に相談される金融機関へ ~
コロナ禍から脱し、経済が再活性化するなかで、原材料高や人手不足などが中小企業を襲っている。過去の資金繰り支援などで過剰債務に苦しむ企業は多く、身近な相談者として地域金融機関に期待する声は多い。
失敗しない与信管理
>>>一覧へ
適切な与信管理体制を構築していただけるよう、与信管理について正しい知識と企業情報の入手先などを紹介します。
与信管理とは
「与信」とはどのような意味から成り立っている言葉なのかを学びましょう。
by TSR-PLUS編集部
企業データの有効活用
>>>一覧へ
営業・マーケティングにおけるTSRの企業データを活用したソリューションをご紹介します。
自社保有データを活用したアカウント・ベースド・マーケティング
自社が保有するデータには、取引先の販売データ、名刺交換やセミナー・イベントなどで獲得したリード情報といった様々な取引情報が蓄積されています。しかし、それらは・・・
by TSR-PLUS編集部
コンプライアンスチェック
>>>一覧へ
取引先に犯罪行為や倫理的リスクなどが無いか、非財務面から取引リスクを見極める「コンプライアンスチェック」をご紹介します。
コンプライアンスチェックの基礎知識
企業間取引においては、取引先が信用できる相手か、取引にリスクは無いかを見極めることが重要です。
分析・研究事例
>>>一覧へ
東京商工リサーチでは、最新のIT技術を駆使した企業情報データの研究などを行なっております。
TSRデータベース指標 ~自由に条件を設定し、経済全体の状況や推移を迅速に把握できる統計ツール~
企業調査を通じてTSRが日々収集・蓄積している企業情報および決算情報のデータベースを活用し、企業単位の活動を捉え、我が国の経済全体の状況や推移を迅速に把握できる、日本で唯一の統計ツールです。
用語辞典
>>>一覧へ
与信管理に欠かせない用語を中心に基礎的なビジネス用語から専門用語まで、 幅広く収録した用語辞典です。営業活動の知恵袋としてお役立てください。
与信管理
「与信」とは、取引先に信用を供与すること。取引先の財政状態、営業内容、取引実績などを総合的に判断して与信限度額(取引額)を設けること。
記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

CLOSE
TOPへ