ホーム > ソリューション・サービス > TSRの市場調査・産業調査 > 競合企業・業界動向調査

競合企業・業界動向調査

年々、企業間の競争はさらに激化する一方で留まるところを知りません。新製品や新サービスはもとより、 まったく異なる業種への業容拡大など、従来では想像もできないようなスピードで各社とも進化を続けています。 また、この進化に取り残されることは、市場からの退出をより強く促すようになってきています。 競合企業の強みの源泉、また価値判断の前提といった、KPI、経営方針にまつわる部分についての疑問や、 サプライチェーンの構造、対象工場での生産能力といった部分など競合対策として知っておかなくてはならないことも 増え続けていることもその背景にあります。これらの情報は従来の信用調査レポートでは記載されていませんでした。 一般的には口外されないというものになりますが、だからこそ競合企業の付加価値の源であるともいえる部分です。 TSRではそのような信用調査レポートではたどり着けない競合企業の実態について、 特殊な交渉術を用いた深堀調査を実施することが可能です。 貴社の戦略立案、競合対策施策の一助として、ぜひご活用ください!

事例紹介Cases

■ご提供ソリューション TSRが持つデータベースやその他の調査網を通じて、同競合企業について、特殊な交渉術を用いて調査する「深堀調査」を実施しました。

■結果 調査を通じて競合企業の販売戦略や生産拠点などに関する情報を得ることができました。結果から同競合の状況を把握し、対抗戦略の立案ができました。

Q&AQuestions & Answers

TSRは米国D&B(世界No.1の2億件以上の企業情報を有する世界最大の企業情報提供会社)と業務提携関係にあります。日本からの渡航をするのではなく、直接D&B World Wide Network(海外調査網)を活用していきますので、費用を抑えて幅広い国・地域での調査が可能となっております。そのため、国内はもちろんのこと、ほぼ全世界で調査が可能です。

TSRの調査サービスをご利用のお客さまは多種多様な業界や規模の企業さまです。そのため、特定の業界やサービスに特化した調査ではなく、弊社のノウハウに富んだ調査手法で様々な業種や業界の調査を行っています。調査できない業界はほぼありません。弊社は専門性を活かし、一般的には難度が高いといわれる案件にも対応しております。他社で断られた案件に関しても、調査方法をご提示できる可能性がございます。ぜひご相談ください。

TSRの競合調査では、一般の信用調査とは、調査員も調査手法も全く異なります。ある意味黒子的な存在が様々な競合企業の実態についてアプローチして情報を獲得することを目指します。具体的な調査項目をあげると、営業組織の職種別要員数から、製品カテゴリー別売上、代理店との契約内容、また生産系では特定製品の生産工場解明から生産能力の把握などあります。他にも様々な領域を調査しておりますので、貴社のお知りになりたいことをまずはお聞かせください。

TSRでは安易な見積もりを提示することはいたしません。貴社のご要望をまずお伺いしたのち、当該対象企業の実態が本当に解明できるのか、解明できるとすればどの程度判明するのかなどを、「予備調査」を行い推定いたします。そのうえでご要望項目に対し、どの程度の回答になるか、またどの程度の費用になるかを契約前にあらかじめ提示いたします。着地点をご理解いただいたうえでご発注されるかどうかの判断が可能です。ただし、調査要望項目によっては貴意に添いかねることもあります。まずはご相談ください。

調査手法ResearchMethods

このサービスは以下のような手法で調査を行います。※あくまで一例です。

お電話でのお問い合わせ・市場調査部

03-6910-3153