ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)湯富屋旅館

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2020/10/02(金)

破産開始決定

負債総額6億5591万円

愛知 旅館経営 (株)湯富屋旅館

~奥矢作峡・笹戸温泉(愛知県)で最大の旅館「紫翠閣とうふや」を経営~

紫翠閣とうふやの外観

 (株)湯富屋旅館(TSR企業コード:400645513、法人番号:8180301019367、豊田市笹戸町畷7、設立1967(昭和42)年7月、資本金1000万円、大山みつる社長)は9月30日、名古屋地裁岡崎支部に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。破産管財人には梅村浩司弁護士(けやき通り法律事務所、同市若宮町2-16-1、電話0565-31-2632)が選任された。
 負債総額は6億5591万円。

 1938年、豆腐や生鮮食料品の行商・仕出しを目的に創業し1953年、温泉旅館の営業を開始した。奥矢作峡・笹戸温泉で最大の旅館「紫翠閣とうふや」(全34室・205名収容)を運営し、1992年6月に建物を全面改装したことが集客増につながり、ピーク時の1995年5月期には約8億円の売上高を計上した。
 しかし、この全面改装に総額約15億円を要したのに対し、その後の業績は年々低下。赤字を散発し借入金の返済負担が重荷となっていたため、2006年には再生ファンドの資本注入や支援を得て、再建を図っていた。その後、支援元の変更などで方向性も定まらず、業績は一層悪化。2012年5月期の売上高は3億円を下回るようになり、採算性も悪化し債務超過に陥っていた。
 2020年に入ってからは「新型コロナウイルス」の影響で団体客を中心に集客はさらに減少。資金繰りは逼迫の度合いを強め、支えきれず営業を停止し今回の措置となった。

全国最新トピックス

11月26日号
東海通商(株) 【岩手】 建設資材販売
11月24日号
(株)日本海洋建設 【東京】 土木工事
11月19日号
(株)信越 【新潟】 水道・管・土木工事
11月18日号
(有)ヤマモト 【長野】 事務用品販売
11月17日号
(株)わらび座 【秋田】 劇団、温泉旅館経営ほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ