ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > 大東海運産業(株)

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2020/05/20(水)

特別清算開始決定

負債総額約64億円

鹿児島 海運業、船主業 大東海運産業(株)

~円高や海運市況悪化が影響~

※画像は実際の企業と関係はありません

 大東海運産業(株)(TSR企業コード:940015013、法人番号:9340001002548、鹿児島市名山町1-3、設立1960(昭和35)年12月、資本金8800万円、代表清算人:西村賢弁護士)は5月1日、鹿児島地裁より特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は約64億円(2019年5月期決算時点)。

 大手海運業者との密接な取引関係を背景に、自社およびSPC(特定目的会社)で新船建造を意欲的に進め、南西諸島とアジア近海に定期航路を有するほか、大型船舶の船主業を手掛けていた。とくに、台湾企業が日本向けに出荷する鋼材の輸送が安定部門となっていたため台湾航路の鋼材海運に強く、一時期はオペレーション業務も含めて常時約20隻を運航。2012年5月期にはSPCを含む売上高は約75億円を計上していた。
 しかし、2008年以降の円高、燃油価格の高止まり、為替デリバティブ取引での損失などで多額の赤字を計上して経営状態が悪化。2013年7月、東あすか氏が代表取締役に就任した頃から外部機関の協力・同意を取り付けて、経営改善に本格的に乗り出した。社有不動産を始めとした資産売却でスリム化、関係会社の整理等を図ったほか、為替相場も円安に転じるなど事業環境が好転し、2015年5月期のSPCを含む総売上高は約81億円、単独売上高は約34億円を計上していた。
 しかし、その後、為替の円高傾向や海運市況の悪化によって取り巻く経営環境が悪化。2017年10月1日、会社分割によりゼネラルマリックス海運(株)(TSR企業コード:025187015、法人番号:6010401132591、東京都港区)に日本・台湾航路に関わる営業基盤と、船舶および船舶建造資金の借入残を移管。以降は事業を大型遠洋船舶の船主業に縮小したが、世界的な海運市況の悪化によって、2019年5月期の売上高は約1億7000万円に落ち込み、債務超過額は約57億円に膨らんでいた。
 こうしたなか、当社は2019年12月27日、株主総会の決議により解散し、今回の措置となった。

全国最新トピックス

11月20日号
サクラ化学工業(株) 【兵庫】 FRP製品の製造販売ほか
11月18日号
(株)アールエス 【福岡】 ゲーム用機器・デジタルサイネージ製造販売
11月12日号
高野建設(株) 【宮城】 土木工事、砂利販売ほか
11月11日号
日本パラピン紙工業(株) 【大阪】 包装資材製造販売
11月11日号
(株)PlanD 【東京】 システム開発

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ