ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)メイクソフトウェア

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2018/10/24(水)

破産開始決定

負債総額18億559万円

大阪 写真シール機製造、携帯コンテンツ事業ほか (株)メイクソフトウェア

~携帯コンテンツ「CAN・Pらくがき@写真メール」などを展開~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)メイクソフトウェア(TSR企業コード:570843006、法人番号:6120001008818、大阪市北区西天満4-3-18、設立平成1年11月、資本金5000万円、山本廣社長、従業員135名)は10月24日、大阪地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。申請代理人は野上昌樹弁護士(弁護士法人大江橋法律事務所、同市北区中之島2-3-18、電話06-6208-1500)。
 負債総額は18億559万円(平成29年7月期決算時点)だが、今後、変動する可能性がある。

 昭和63年11月創業。当初は家庭用ゲームソフトの受託開発を主体に事業を展開していたが、平成9年頃に写真シール機市場に参入し、「スゥーニィービィー」など数々のヒット商品を打ち出してきた。その後は、携帯用コンテンツサイト「CAN・Pらくがき@写真メール」がキャリア公式サイトとして採用されたほか、同サイトからコンビニ経由でのプリント出力サービスを開始するなどコンテンツサービスの強化を図り、会員数を増やし、ピーク時の平成24年7月期には売上高71億1993万円を計上した。
 しかし、その後は同業他社との競合が激しく減収推移が続き、29年7月期は売上高が32億1204万円まで低下。写真シール機のブームの低迷や、既存携帯コンテンツの課金収入が頭打ちとなるなかで、新たにファミリー層向けとして子供の雑貨にこだわるオンラインショップ「mamanon(ママノン)」やカラーコンタクトのECサイト「カラコンジョリー」を開設。シール機の代わりとなる事業にも積極的に取り組んできたが、過去の開発費用が重く圧し掛かり、事業継続のめどが立たなくなったことから、今回の措置となった。

全国最新トピックス

03月04日号
冨樫製材所 【山形】 製材業
03月01日号
(株)井筒屋 【高知】 家具等製造販売、据付工事
02月25日号
(株)綜合プランニング 【群馬】 出版業・不動産業ほか
02月24日号
(株)メディア九州 【福岡】 ソフト開発・コンピューター機器販売
02月24日号
(株)メディアスペース 【福岡】 ソフト開発・コンピューター機器販売

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ