ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)鷹彦ほか2社

[茨城] ゴルフ場経営(株)鷹彦ほか2社

破産開始決定負債総額3社の負債合計約185億円

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2015.03.26

~尾崎将司プロがコースを監修~

 (株)鷹彦(TSR企業コード:292184980、久慈郡大子町初原字十田19-9、登記面:中央区銀座7-14-7、設立昭和60年1月16日、資本金5000万円、高山祥一社長)と(株)鷹彦スリーカントリーゴルフサービス(TSR企業コード:282032444、同所、設立平成5年1月11日、資本金1000万円、同社長)、(株)湘南力(同所、登記上:町田市つくし野1-21-29、設立平成11年8月27日、資本金1000万円、同社長)は3月23日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には長島良成弁護士(長島良成法律事務所、千代田区五番町5、電話03-5276-1321)が選任された。
 負債総額は預託金182億円を中心に3社合計で約185億円が見込まれる。

 鷹彦は昭和60年1月に設立されたゴルフ場経営会社。昭和62年10月にオープンした鷹彦スリーカントリークラブ(茨城県大子町)はプロゴルファーの尾崎将司氏が設計と監修に関わったコースとして注目を集めていた。
 しかし、東京からの交通の便の悪さに加え、バブル崩壊と茨城県内のゴルフ場乱立から客足が落ち込み収益が悪化していた。平成9年からは預託金の償還期日が訪れたものの原資不足から大半の請求に応じられず、会員権の分割や償還期限の40年延長などを実施した。
 平成5年1月には鷹彦スリーカントリーゴルフサービスを設立しゴルフ場の運営を譲渡、11年8月には湘南力を設立しゴルフ場の不動産を譲渡し、鷹彦はゴルフ会員権を所有する企業となった。
 こうした体制の刷新を行っていたが業績は改善に向かわず、平成11年以降にはゴルフ場の不動産に対し税金滞納に伴う複数の差押が設定されるなど厳しい状況が続き、スポンサー獲得による再建を模索していたが、奏功しなかった。
 なお、目先の運転資金を確保することができたことからゴルフ場の運営は継続しており、今後ゴルフ場の譲渡先を探す方針としている。

記事の取扱いについて(サイトポリシーへ)

資料請求・お問い合わせはこちら。お気軽にお申込み下さい。

製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ