ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)コバヤシ・ファシリティーズほか1社

[神奈川] 土木建築工事、介護施設運営(株)コバヤシ・ファシリティーズほか1社

破産申請負債総額約31億3000万円

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2015.03.17

~生活支援型シニア賃貸マンションや住宅型有料老人ホーム「ライフコート」を手掛ける~

 (株)コバヤシ・ファシリティーズ(TSR企業コード:351046933、横浜市神奈川区金港町6-3、設立平成12年10月、資本金4000万円、小林敏社長)と、関連会社の(株)ケア・ファシリティーズ(TSR企業コード:352167963、同市磯子区杉田5-7-7、設立平成17年7月、資本金1000万円、同社長)は3月16日、横浜地裁に破産を申請した。申請代理人は髙橋修平弁護士(髙橋修平法律事務所、東京都中央区銀座2-2-2、電話03-6903-3210)ほか。
 負債はコバヤシ・ファシリティーズが約30億円、ケア・ファシリティーズが約1億3000万円で、2社の負債合計は約31億3000万円。
 3月20日午前9時30分より横浜市教育会館4階ホール(横浜市西区)で債権者説明会を開催する予定。

 コバヤシ・ファシリティーズは、生活支援型シニア賃貸マンションや住宅型有料老人ホーム「ライフコート」の建築請負を主体に事業を展開していた。建物完成後はオーナーから一括で施設を借上げた上で管理運営を受託する、サブリース形態で業容を拡大。21年11月期に6億264万円だった売上高が、25年11月期は34億649万円にまで伸長していた。
 しかし、急激な事業規模拡大に伴う固定費負担の増加や、サブリース事業における低採算、近時の建築コストや労務費の高騰により、資金繰りが悪化。26年8月8日付で一部取引先に対して、支払い条件を変更。その後も支払い期日変更の要請を仕入・外注先に対して行っていた。
 27年1月9日には、仕入先・外注先向け業況説明会を開催。「経営戦略室」設置による集団統治体制への移行、外部人材の登用による厳格な財務管理の実施を柱とした経営再建策を示し、自主再建へ意欲をみせていた。しかし、26年11月期の売上高は55億9601万円にまで伸長したものの、費用の計上方法是正により15億9336万円の赤字を計上。これに伴い大幅な債務超過へ転落し、信用不安は増大していた。
 3月6日には、ファンドや事業会社と交渉を行っている旨を取引先に通知し支援を要請したが、その後の業況や資金繰りは改善せず、今回の措置となった。
 なお、コバヤシ・ファシリティーズ、ケア・ファシリティーズで運営している複数のシニア向け賃貸マンションや介護施設については、4月1日付でゴールドエイジコンストラクション(株)(TSR企業コード:403198291、名古屋市中村区)、(株)創生事業団(TSR企業コード:870494953、福岡市博多区)が継承する見込み。

記事の取扱いについて(サイトポリシーへ)

資料請求・お問い合わせはこちら。お気軽にお申込み下さい。

製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ