ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > 蒲郡海洋開発(株)

[愛知] マリーナ管理運営、分譲開発業蒲郡海洋開発(株)

特別清算開始決定負債総額約200億円

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2015.02.27

~元「ラグーナ蒲郡」経営の第三セクター~

 蒲郡海洋開発(株)(TSR企業コード:510110622、蒲郡市海陽町2-1、設立平成3年11月、資本金139億4700万円、代表清算人:堀井敦氏)は2月18日、名古屋地裁豊橋支部から特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は約200億円。

 昭和63年5月、蒲郡地区の新しいまちづくりに向けた大型プロジェクト事業として、海の軽井沢構想「ラグナックス・アイランド」が発足。この事業主体として愛知県と蒲郡市の自治体、東海旅客鉄道(株)(TSR企業コード:400772817、名古屋市中村区)やトヨタ自動車(株)(TSR企業コード:400086778、豊田市)など民間業者9社が資本参加する第三セクターとして設立された。
 平成13年4月に中部地区最大規模で収容力200隻のマリーナ施設が完成。その後、ゲストハウスやホテル、ショッピングモールが完成したほか、並行して分譲マンション事業も展開し、14年4月には海のテーマパーク「ラグナシア」がオープンした。
 しかし、計画時との経済環境は大きく変化するなど事業状況は厳しく、「ラグナシア」オープン前の14年3月には主力金融機関から約196億円の債権放棄を受けていた。その後も温泉施設「ラグーナの湯」やシーフードレストラン「ラグンブルー」など施設の充実が図られ、ピーク時には300万人を超える来場者を集め、平成17年3月期には売上高約93億3500万円を計上。しかし、次第に集客は伸び悩み22年3月期から4期連続で赤字を計上し、25年3月期には売上高が約37億4000万円まで落ち込んでいた。
 打開策として、「ハウステンボス」などテーマパーク事業再建の実績を持つ(株)エイチ・アイ・エス(TSR企業コード:292203993、東京都新宿区)が100%出資して設立した(株)ラグーナテンボス(TSR企業コード:512071853、蒲郡市)に26年8月、イベント開催・アトラクション・遊園地・プール事業を行う「ラグナシア」、飲食店・小売店事業を行う「ラグーナフェスティバルマーケット」、温浴・タラソセラピー事業を行う「ラグーナの湯」を譲渡した。
 以降はマリーナ事業および分譲開発事業に特化していたが、26年11月にはこれらの事業もトヨタ自動車が設立した(株)ラグナマリーナ(TSR企業コード:013169254、蒲郡市)へ事業譲渡。当社は27年1月1日、株主総会の決議により解散していた。

記事の取扱いについて(サイトポリシーへ)

資料請求・お問い合わせはこちら。お気軽にお申込み下さい。

製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ