ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 6月20日に「はれのひ」の債権者集会が開催、篠﨑社長は欠席か

6月20日に「はれのひ」の債権者集会が開催、篠﨑社長は欠席か

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.06.18

6月20日に横浜市内で債権者集会

 今年1月8日の「成人の日」。一生に一度の晴れ舞台の日に突然、事業を停止した、はれのひ(株)(TSR企業コード:872372723、横浜市西区、篠﨑洋一郎社長)。破産手続き中のはれのひの債権者集会が6月20日、横浜市内で開催される。集会には成人式を台無しにされた新成人や親族、多くの債権者が遠方から駆けつけるとみられる。だが、肝心の篠﨑社長が出席しない可能性もあることが東京商工リサーチ(TSR)の取材でわかった。
 現在、篠﨑社長は海外にいるとみられるが、関係者も連絡がつかないという。集会に欠席すれば改めて非難を浴びそうだ。
 多くの被害者を巻き込んだ(株)てるみくらぶ(TSR企業コード:296263001、東京都)の山田千賀子社長も、債権者集会に出席し被害者の前で質疑に対応した。涙を流した姿は記憶に新しい。
 はれのひの篠﨑社長は騒動前から身を隠し、横浜地裁より破産開始決定を受けた1月26日に初めて公の場に姿を現した。謝罪会見では連絡が取れなかった理由を問われ、「知人のところにいた。隠れるつもりはなかった」との弁明に終始した。

債権者集会の欠席は「異例」

 債権者集会では、破産管財人により破産手続きの進捗報告がなされ、社長が債権者の意見や質問に答えることもある。社長が集会を欠席するのは異例で、社長自ら騒動の顛末を語ることを期待して全国各地から集まる被害者や債権者は納得できないだろう。
 破産管財人の増田尚弁護士(多摩川法律事務所)はTSRの取材に対し、「債権者集会に社長が不在でも破産手続きに影響しない。だが、仮定の話だが、もし社長が欠席すれば異例の事態だ」とコメント。社長個人の破産についても、「何も聞いてない」(破産管財人)状態で、まだ真相は明らかになっていない。

篠﨑社長(1月26日撮影)

篠﨑社長(1月26日撮影)


 6月20日の債権者集会に篠﨑社長が出席するか予断を許さない。帰国後にどんな展開が待ち受けているかわからないが、被害者に向け発言できる機会は多くない。ここで語らないと破産事件の真相は封印され、傷ついた被害者の気持ちは救われない


(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年6月19日号掲載予定「取材の周辺」を再編集)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ