ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > ジャパンライフ被害対策弁護団が全国組織を準備へ、同社の債権者破産も検討

ジャパンライフ被害対策弁護団が全国組織を準備へ、同社の債権者破産も検討

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.01.18

 2017年12月26日、銀行取引停止処分を受け事実上倒産したジャパンライフ(株)(TSR企業コード:291624898、千代田区)の被害相談などを受け付けている弁護士らが、全国組織の被害対策弁護団の立ち上げを計画していることがわかった。立ち上げに際しては、ジャパンライフから返済が滞っている顧客が同社の破産申し立てができるかも検討する方針。

 ジャパンライフ問題の顧客相談などに対応してきた先物取引被害全国研究会(以下、先物研)の代表幹事である大植伸弁護士(大植法律事務所、広島県)ら、先物研の執行部やジャパンライフ中部被害対策弁護団(団長:杉浦英樹弁護士)などが1月20日、愛知県内で全国的な被害対策弁護団の結成を協議する。大植弁護士は「ジャパンライフに対し、債権者破産が可能か協議する予定」と述べた。ただ、破産申し立てに必要な予納金などの課題もあり、同弁護団で方法などを協議していく。
 先物研や各地の弁護団などは1月19日(金)を中心に、ジャパンライフ被害110番を実施する。先物研のホームページに地域ごとの日時・相談電話番号が掲載されている。

 ジャパンライフや新たに設立する販売会社のKEN-SHINの関係者が、全国各地で顧客向け説明会を開催。ジャパンライフは事業を継続し、売上金から返済に充てる再建策を説明している。しかし、弁護団が債権者破産の検討に入ったことで今後の展開が注目される。

ジャパンライフの本社

ジャパンライフの本社
(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年1月19日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ