• TSRデータインサイト

とび工事業の倒産が最多、とび職人不足や物価高が重しに

 タワーマンションから高層ビルまで、高所での建設作業をとび職人が支えている。その現場に欠かせない「とび業界」が今、危機に見舞われている。2023年度(4-3月)のとび工事業の倒産(負債1,000万円以上)は135件と過去10年間で最多を記録した。職人不足や物価高を引きずるとび工事業者を調査した。



 過去10年間のとび工事業の倒産は、2022年度まで毎年80件前後で推移していた。
 それが2023年度に一変する。2023年度は2022年度の79件から135件(前年度比70.8%増)に急増した。過去10年間で初めて100件を超え、それまで最多だった2019年度の84件を大きく上回り、最多記録を更新した。
 135件の原因別では、売上不振(受注不振)が93件(前年度比89.7%増)で、約7割を占めた。次いで、赤字累積などの既往のシワ寄せが36件(同125.0%増)と倍増、とび工事業の倒産はほとんどが業績不振だった。
 さらに、原因を掘り下げると業績不振以外にも厳しい事情が見え隠れする。135件のうち、人手不足が10件(前年度3件)、資材高騰など物価高が10件(同1件)といずれも急増。職人不足やコスト増が負担を増すなかで業績不振が進み、この原因が複合的に重なって業界が苦戦に陥っているようだ。

とび職人不足

 厚生労働省が発表したとび職人を含む「建設駆体工事従事者」の有効求人倍率は、2023年度が9.39倍と全体平均1.29倍の7倍超に達する。建設業界の職人不足は年々、深刻化している。一方、国勢調査によると2020年の「とび職」の就業者数は10万9,330人で、1995年の11万2,517人と就業者数に大きな変化はない。 
 それでもとび職人不足なのは、とび職を希望する若者が少ないことに加え、とび工事業間の人材獲得の競争が激しいためとみられる。4月上旬に東京商工リサーチ(TSR)が実施したアンケートによると、とび工事業16社のうち、正社員が「不足」との回答率は81.2%に達した。
 また、倒産以外にとび工事業の休廃業・解散は2023年に498件と過去10年間で2番目の高水準だった。後継者難だけでなく、職人不足による廃業も増えている。

とび工事業の倒産推移



 2024年3月の建設業の倒産は180件(前年度同月比19.2%増)だった。3月に180件を超えたのは2013年以来、11年ぶりだ。
 時間外労働規制など2024年問題の影響はこれから本格化する。建設現場に欠かせない「とび工事業」の倒産急増は、建設業界全体が真剣に取り組む問題でもある。

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「道路貨物運送業」倒産 大幅増の46件 コストアップと「2024年問題」が直撃、4月以降は前年比2倍超

厳しい経営環境に置かれる道路貨物運送業の倒産が急増している。2024年5月の「道路貨物運送業」の倒産は46件(前年同月比119.0%増)で、5月としては2005年以降の20年間で最多を更新した。

2

  • TSRデータインサイト

最新の「赤字法人率」、過去最小の64.8%に低下 最小は佐賀県、コロナ禍が地域や業種の明暗分ける

国税庁が2024年公表の「国税庁統計法人税表」によると、2022年度の赤字法人(欠損法人)は189万5,402社だった。普通法人(292万2,972社)の赤字法人率は64.8%で、年度ごとの集計に変更された2007年度以降では2021年度の65.34%を下回り、最小を更新した。

3

  • TSRデータインサイト

2024年1-5月「人手不足」関連倒産 118件 「従業員退職」「求人難」の急増で初の100件超

深刻な人手不足が企業活動の足かせになってきた。2024年1-5月の「人手不足」関連倒産は累計118件(前年同期比110.7%増)だった。調査を開始した2013年以降、 1-5月で最多の2019年(65件)を大きく上回り、初めて100件を超えた。

4

  • TSRデータインサイト

堀正工業(株) ~約50行を欺いた粉飾、明細書も細かく調整する「執念」 ~

東京には全国の地域金融機関が拠点を構えている。今回はそれら金融機関の担当者が対応に追われた。最大54行(社)の金融機関やリース会社から融資を受けていた老舗ベアリング商社の堀正工業(株)(TSR企業コード:291038832、東京都)が7月24日、東京地裁から破産開始決定を受けた。

5

  • TSRデータインサイト

2023年の「個人情報漏えい・紛失事故」が年間最多 件数175件、流出・紛失情報も最多の4,090万人分

2023年に上場企業とその子会社が公表した個人情報の漏えい・紛失事故は、175件(前年比6.0%増)だった。漏えいした個人情報は前年(592万7,057人分)の約7倍の4,090万8,718人分(同590.2%増)と大幅に増えた。社数は147社で、前年から3社減少し、過去2番目だった。

TOPへ