• TSR速報

北村住建(株)

※画像は実際の企業とは関係ありません

※画像は実際の企業とは関係ありません

投資用マンション建築を手掛けていた暁建設のグループ会社

 北村住建(株)(葛飾区)は6月12日、東京地裁から破産開始決定を受けた。
 破産管財人には富永浩明弁護士(富永浩明法律事務所、中央区銀座7-12-14)が選任された。
 負債総額は債権者52名に対して3億4687万円。

 個人住宅やビル・マンション、店舗などの建築工事を手掛けていた。注文住宅を含む戸建ての新築工事のほか、リノベーション工事などを展開。特にデザイン性の高い住宅建築や狭小住宅の施工でも実績を有し、2020年3月期は完工高4億8177万円をあげていた。

 2020年10月に(株)暁建設(埼玉県戸田市)の代表が当社の全株式を取得し、社長に就任。以降は暁建設のグループ会社として親会社と一体となった事業を展開し、2023年6月期(決算期変更)には完工高2億3348万円をあげていた。
 ところが、暁建設が資金難に陥り、2024年3月に事業を停止。当社も事業継続が困難となり、債務整理を進めて親会社とともに破産を申請した。

※北村住建(株)(TSR企業コード:322033179、法人番号:3011802029693、葛飾区奥戸2-38-9、設立2003(平成15)年7月、資本金2000万円)
※(株)暁建設(TSR企業コード:314548025、法人番号:2030001104489、埼玉県戸田市、登記上:葛飾区)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

法人としての「レナウン」が消滅へ

2020年11月27日に東京地裁から破産開始決定を受けた(株)レナウン(TSR企業コード:295833440、江東区)が消滅する。今年8月に最後配当を実施し、年内に破産手続きが終結するため。7月10日には第5回債権者集会を開催していた。法人としての名門レナウンが名実ともに消滅する。

2

  • TSRデータインサイト

2023年の「個人情報漏えい・紛失事故」が年間最多 件数175件、流出・紛失情報も最多の4,090万人分

2023年に上場企業とその子会社が公表した個人情報の漏えい・紛失事故は、175件(前年比6.0%増)だった。漏えいした個人情報は前年(592万7,057人分)の約7倍の4,090万8,718人分(同590.2%増)と大幅に増えた。社数は147社で、前年から3社減少し、過去2番目だった。

3

  • TSRデータインサイト

2024年上半期の「病院・クリニック」倒産は18件 過去20年で3番目、競合やコストアップが経営を圧迫

 2024年上半期(1-6月)の「病院・クリニック」の倒産は18件(前年同期比50.0%増)で、上半期では過去20年で2009年(26件)、2007年(19件)に次ぐ、3番目の高水準だった。

4

  • TSRデータインサイト

都道府県を跨ぐ企業の本社移転は1万3,701社 転入超過トップは千葉県、2位は茨城県

 コロナ禍を抜け、企業の本社および本社機能の移転の動きが活発化している。2023年度に都道府県を跨ぐ本社・本社機能の移転が判明した企業は1万3,701社(前年度比3.3%増)で、前年度から増加した。

5

  • TSRデータインサイト

上半期の「飲食業倒産」、過去最多の493件 淘汰が加速し、「バー・キャバレー」「すし店」は2倍に

飲食業の倒産が増勢を強めている。2024年上半期(1-6月)の飲食業倒産(負債1,000万円以上)は493件(前年同期比16.2%増、前年同期424件)で、2年連続で過去最多を更新した。現在のペースで推移すると、年間では初めて1,000件超えとなる可能性も出てきた。

TOPへ