• TSR速報

新湊商業開発(株)

新湊商業開発の本社

新湊商業開発の本社

~能登半島地震・「新型コロナウイルス」関連倒産~

 新湊商業開発(株)(射水市)は1月31日、富山地裁高岡支部より破産開始決定を受けた。
 破産管財人には山本毅弁護士(山本毅法律事務所、高岡市広小路1-18)が選任された。
 負債総額は約2億9000万円。

 「カモン新湊ショッピングセンター」を運営していた。同施設の前身は1973年開業の量販店で、キーテナントとなる食品スーパーをはじめとした小売店が入居し、食品・衣料品・雑貨等の販売により近隣住民の生活を支えていたが、2003年1月には運営会社が破たんした。
 しかし、地元経済活性化のためにはショッピングセンターの存続が必要との判断から、新湊地区の不動産会社(株)ワタヤホーム(射水市)が同施設の不動産を購入。宮林社長が中心となって入居テナント各社に出資を募り、「カモン新湊ショッピングセンター」として営業を再開した。

 以降はショッピングセンターの運営管理を主体に行ってきたが、食品スーパーの運営会社が撤退し、その後入居する企業も現れなかったことから2008年4月、当社が「カモン食品館」として食品スーパーの経営にも乗り出した。
 しかし、新湊地区における人口減少や高齢化、同業他店との競合などから経営環境は悪化の一途をたどっていたうえ、近年は「新型コロナウイルス」感染拡大による影響も受け、2018年3月期に約6億5000万円だった売上高は、2023年3月期には約4億9000万円にまで落ち込んでいた。

 さらに、2024年1月1日に発生した能登半島地震が追い打ちとなって来店客の減少に拍車がかかり、資金繰りも限界に達したことから、1月26日を以て事業を停止していた。

 なお、ワタヤホームも1月26日までに事業を停止している。

※新湊商業開発(株)(TSR企業コード:592063429、法人番号:4230001012934、射水市本町3-12-28、設立2003(平成15)年4月、資本金1000万円)
※(株)ワタヤホーム(TSR企業コード:592063631、法人番号:9230001012590、同市本町3-12-5、設立1987(昭和62)年11月、資本金8000万円)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

「雇用調整助成金」の不正受給 1,157件 3月は94件、不正受給額は累計391億円

全国の労働局が4月30日までに公表した「雇用調整助成金」等の不正受給件数が、2020年4月から累計1,157件に達したことがわかった。不正受給総額は391億4,016万円にのぼる。 前回調査から2カ月で117件増加した。不正受給総額は月間最多の74億2,393万円と突出した。

2

  • TSRデータインサイト

「早期・希望退職募集」は 27社、対象は 4,474人に 黒字企業の事業再編で増加、年齢制限ない募集も

上場企業の人員削減が加速してきた。2024年5月16日までに、「早期・希望退職募集」が判明した上場企業は27社(前年同時期20社)で、対象は4,474人(同1,314人)に達した。すでに、2023年(3,161人)の年間実績を超えており、年間1万人超のペースをたどっている。

3

  • TSRデータインサイト

4月の運送業倒産30件で前年同月から倍増 人手不足と高齢化で「後継者難」、人件費・燃料費上昇も収益圧迫

 2024年4月の道路貨物運送業倒産は、件数が30件(前年同月比114.2%増、前年同月14件)で、2カ月連続で前年同月を上回った。

4

  • TSRデータインサイト

介護事業者の倒産が過去最悪ペース 他業界の賃上げで人材流出、通所・短期入所は過去最多

相次ぐ高水準の賃上げが、介護職員の人手不足を加速させている。さらに物価高も追い打ちをかけ、2024年1-4月の「介護事業者(老人福祉・介護事業)」の倒産は51件(前年同期比45.7%増)と、同期間の過去最多を記録した。

5

  • TSRデータインサイト

約束手形の決済期限を60日以内に短縮へ 支払いはマイナス影響 約4割、回収では 5割超がプラス影響

これまで120日だった約束手形の決済期限を、60日に短縮する方向で下請法の指導基準が見直される。約60年続く商慣習の変更は、中小企業の資金繰りに大きな転換を迫る。 4月1~8日に企業アンケートを実施し、手形・電子記録債権(でんさい)のサイト短縮の影響を調査した。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ