• TSR速報

ネット宅配買取BUY王(バイキング)運営の(株)アカツキが破産

~ 債権者は3400名以上に膨らむ可能性も ~

 (株)アカツキ(練馬区)は1月31日、東京地裁より破産開始決定を受けた。
 破産管財人には本多一成弁護士(TF法律事務所、千代田区平河町2-7-5)が選任された。
 負債総額は債権者約1800名に対して約5億2000万円。ただ、関係筋によると、今後の調査で債権者は約3400名以上に膨らむ可能性がある。

 「BUY王(バイキング)」の屋号で中古品の買い取りを手掛けていた。個人を中心にDVDやテレビゲーム、家電、書籍など幅広い商品を買い取っていた。ホームページを通じて集客し、商品のやり取りから査定、代金の支払いまでを顧客とリアルでは介さずに完結する仕組みを構築していた。

 買い取った商品はECサイトなどで販売し、2020年4月期には売上高約6億5500万円をあげていた。しかし、在庫増に伴う資金負担や倉庫開設、在庫管理システムへの投資などから、借入金に頼った資金運営が続いた。コロナ禍での資金繰り支援を活用し、税金や社会保険料の支払い猶予などで凌いでいたが、支払いを再開すると資金繰りが悪化。

 2023年の秋頃からSNS上で、査定の遅れなどトラブルが表面化し、動向が注目されていた。

※(株)アカツキ(TSR企業コード:300552882、法人番号:7013301035500、練馬区旭丘1-22-13、設立2014(平成26)年5月、資本金1317万1850円)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2023年 1月比で金利上昇の企業 16.1% 金利が 0.5% 上昇で 2割超が「借入を断念」

2016年1月に日本銀行がマイナス金利を導入してから8年が経過した。マイナス金利解除の観測が市場に広がるが、すでに企業の借入金利は一部で上昇していることがわかった。

2

  • TSRデータインサイト

2023年の学習塾倒産 過去20年間「最多」の45件 市場拡大も、多様なニーズで「競争激化」

少子化が進むなか、激しい競争が続く学習塾業界では、中小・零細規模の塾の淘汰が続いている。2023年の学習塾の倒産は45件(前年比28.5%増)で、2004年以降の20年間で最多を更新した。

3

  • TSRデータインサイト

「すし店」の倒産が増勢の兆し 2024年1月の「すし店」倒産は5件

コロナ禍が落ち着くと同時に、日本を代表する人気食「すし店」の倒産が増えている。2024年1月の「すし店」倒産(負債1,000万円以上)は、5件(前年同月比400.0%増)だった。月間5件以上は、2020年8月(5件)以来、3年5カ月ぶり。

4

  • TSRデータインサイト

前受金依存度の高い業種 1位は「衣装レンタル」 前受金ビジネスの法的整備が急務

脱毛サロンや英会話学校、貸衣装など、消費者を巻き込んだ前受金ビジネスの危うさが広がっている。 東京商工リサーチは、2022年10月期-2023年9月期に決算を迎えた28万4,575社を対象に、財務諸表に前受金(前受収益を含む)を計上した企業を調査した。

5

  • TSRデータインサイト

足立成和信金と東栄信金が合併検討 合併後はメインバンク数1,365社、都内18位に上昇

日本銀行のマイナス金利解除が関心を集める中、東京都の足立成和信金(足立区)と東栄信金(葛飾区)が合併を検討していることがわかった。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ