ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > エアアジア・ジャパン(株)

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2021/02/26(金)

破産開始決定

負債総額約217億円

愛知県 航空運送事業ほか エアアジア・ジャパン(株)

~エアライン初の「新型コロナウイルス」関連倒産~

※画像は実際の企業と関係はありません

 2020年11月17日に東京地裁に破産を申請していたエアアジア・ジャパン(株)(常滑市セントレア1-1、設立2014(平成26)年3月、資本金83億6542万2940円、代表取締役:会田純氏)は2月24日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には上野保弁護士(元木・上野法律会計事務所、東京都港区虎ノ門1-1-20、電話03-3501-2356)が選任された。
 負債総額は約217億円。

 「新型コロナウイルス」の影響による国内航空会社の破産は初めて。
 2017年10月に就航を開始したLCC(格安航空会社)。2011年11月に当時の全日本空輸(株)(現:ANAホールディングス(株)、TSR企業コード:290096677、法人番号:6010401050876、東京都港区)とマレーシアのエアアジアの共同出資で旧エアアジア・ジャパンが設立された。しかし、経営不振などで全日本空輸との提携が解消された経緯がある。
 その後、マレーシアのエアアジアは日本再進出を計画し、楽天(株)(TSR企業コード:294045082、法人番号:9010701020592、世田谷区)や(株)ノエビアホールディングス(TSR企業コード:662279069、法人番号:3140001034179、神戸市中央区)、(株)アルペン(TSR企業コード:400429110、法人番号:7180001024676、名古屋市中区)などが出資し、当社が設立された。中部国際空港から新千歳空港で就航を開始し、国際線としては2019年2月に中部国際空港から台湾桃園国際空港、国内も同年8月に中部国際空港から仙台国際空港、2020年3月には福岡空港への就航も発表していた。
 2019年12月期の旅客数は48万5000人、売上高は約40億円に達していたが、路線就航から2年強という期間の短さに加え、多額のリース料負担、人件費負担から赤字を余儀なくされ、増資により財務を補填してきた。こうしたなか、「新型コロナウイルス」感染拡大で2020年4月から全便が運休。8月に一部国内線の運行を再開したが、需要が回復しないことなどから再び10月1日からの全便運休を発表していた。
 運休による売上高の落ち込みや払戻し費用の負担などが嵩み、資金繰りも余裕を欠いていたため、事業継続は困難との判断に至り、10月5日には国土交通省に対して12月5日をもって全路線を廃止する旨を届け出ていた。

全国最新トピックス

04月16日号
高橋車輌工業(株) 【北海道】 トラック車体製造、修理
04月16日号
(株)シブヤ 【東京】 製版・印刷業
04月14日号
(株)ビスタホテルマネジメント 【東京】 ビジネスホテル経営
04月13日号
(株)やまき園 【静岡】 茶類卸
04月07日号
(株)あさくさ江戸屋 【東京】 民芸品店経営

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ