ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > FKサービス(株)

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2019/02/06(水)

破産開始決定

負債総額215億8983万円

福井 液晶テレビ・電子機器ほか企画設計 FKサービス(株)

~旧・オリオン電機(株)、事業は平成27年3月に他社へ移管~

※画像は実際の企業と関係はありません

 FKサービス(株)(TSR企業コード:660080273、法人番号:4210001011533、越前市家久町46-20、設立昭和33年3月、資本金9500万円、田中博社長)は1月24日、福井地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には森口功一弁護士(福井さくら法律事務所、福井市春山1-3-4、電話0776-22-1175)が選任された。
 負債総額は債権者12名に対して215億8983万円。

 大竹貿易(株)として設立し平成10年4月、オリオン電機(株)に商号を変更した。
 液晶テレビやDVDレコーダー、BDレコーダーなど民生用オーディオ機器や電子機器などを扱い、自社ブランドのほか、国内大手家電メーカーのOEMやODMで実績を重ね、ピーク時の平成12年3月期には約920億円の売上高を計上していた。
しかし、その後は北米を中心とした海外事業の不振や液晶テレビ事業の低迷などから業績は悪化。人員削減などのリストラ策を講じるとともに、25年頃には北米エリアからも撤退するなどスリム化を推進したが、26年3月期の売上高は約250億円に落ち込み、赤字から脱却できずにいた。  こうしたなか、27年3月31日付でビーエーシー北陸(株)(TSR企業コード:013608010、法人番号:4010401115887、越前市)に事業および事業に係る資産と負債を譲渡。当社は現商号に変更し、清算手続を進めていた。
 なお、ビーエーシー北陸は、27年4月1日付でオリオン電機(株)に商号変更し、30年11月30日付で自動車向け電子基板部品製造事業を第三者へ譲渡、31年1月8日付でAV機器の設計・開発事業を他社へ譲渡している。

全国最新トピックス

02月13日号
(株)ヤマサンセンター 【愛媛】 スーパーマーケット経営
02月12日号
中島オールプリシジョン(株) 【長野】 業務用プリンター、レジスター製造
02月08日号
(株)エイタロウソフト 【東京】 ソーシャルゲーム開発
02月07日号
(株)ウィズ・ワン 【東京】 注文住宅販売
02月07日号
(株)日進衣料 【愛知】 下着・肌着卸売

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
TSR公式Google+

ページの先頭へ